月と星と太陽

パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 パワーストーンなど癒しグッズや本の紹介。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

産土神社リサーチやインナーチャイルドのカード・リーディングとワークなど、
お仕事の詳細はこちらのブログです。
http://ameblo.jp/mayuki11


「赤毛のアン」は50代のマリラの成長物語でもあった

先日、『赤毛のアン』のアンが
グリーンゲイブルズに引き取られる
前の話『こんにちはアン』を読んでから、
また『赤毛のアン』が読みたくなった、
と書いた。

こんにちはアン〈上〉 (新潮文庫)
バッジ ウィルソン
新潮社
2008-06-30

 
さっそく読んでみた。
かつて読んだことがある
村岡花子氏訳ではないものを、
あえて選んで。

それがこちらの二冊。

赤毛のアン (集英社文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ
集英社
2000-05-19

こちらは、松本侑子氏の訳。







赤毛のアン【注釈版】
L.M. モンゴメリ
原書房
2014-07-30


こちらは、山本史郎氏の訳。



『赤毛のアン』を
初めて読んだのは
子ども向けにかなり割愛された
村岡花子氏の訳。

その後、
20~40代のころに
アン・シリーズを一通り何度か
文庫本で読み返したときは、
(たまに読みたくなってしまうのだ)

「田舎の人って・・・・
娯楽が少ないせいなのか
噂好きなんだなあ~。
日本でもカナダでも同じだわ。」

とそれがちょっとうんざりした
印象だったけど、
今回はそれは
あまり気にならなかった。

今回読んだ二冊から、わかったこと。

そして何十年ぶりに読んで
今だからこそ、
気づいたことがあったので、
忘れないうちに書いておく。
(こっちは次の回に)

その1 

村岡花子氏の訳は、
マリラの心理描写を略してあった!
と山本氏の訳本で初めて知った。

実はモンゴメリーは、アンに劣らず
マリラの心理も詳細に書いていたのだ。

なんとなく村岡花子氏の訳で、
ところどころすっきりしないものを
感じていた私は
納得。
そうか、ほんとうはここはもっと
こんな風なことが書かれていたのか。

『赤毛のアン』原作は、
主人公のアンだけでなく、
マリラの心の成長物語でも
あったのだ。

いつか英語の原著を読んでみたい!
などとむぼーなことを
考えるのであった・・・

でも今じゃなくていいの。
もっと先になってから。
60代超えたらかな。

 
その2 
プリンスエドワード島における
イギリス人とフランス人の関係。

アンが書かれたころの時代背景を知ると
また興味深い。

アンの話の舞台、
カナダのプリンスエドワード島は
最初にフランス人が入植、
後にイギリス(スコットランド・アイルランド含む)人の
移民によって開拓された。

戦争でフランス軍がイギリス軍に破れ
1758年にフランス領から
イギリス領になり、
フランス人系住民の多くは去った。

それで、島にはイギリス系住民による
フランス系住民べっ視の風潮が
あったそうな。

島の名前も
フランス語の
イル・サン・ジャン(聖ジャン島)
   ↓
英語の
セント・ジョン・アイランド(聖ジョン島)
  ↓
エドワード王子にちなんで
プリンスエドワード島
と変わっていったそう。

 これは、松本氏訳の解説より


そして、シェイクスピアやら
聖書やら、とにかく引用が多いのだ。

アンはね、
子どもの読みものじゃない。 

大人が読むものです。 


動物園が
大人の癒しの場であるように。 

続く。 

「結婚の嘘」柴門ふみの感想言いたい放題

柴門ふみ氏の
『結婚の嘘』を読みました。

結婚の嘘
柴門 ふみ
中央公論新社
2017-02-19



目次

第一章 結婚観の嘘 
第二章 結婚の誓いの嘘
第三章 夫婦は理解し合えるという嘘
第四章 結婚生活はやり直しができるの嘘 
第五章 結婚生活がうまく行くというHOW TO本の嘘
第六章 老夫婦の絆は深まるの嘘

いやあ、
言ってくれました、
痛快です。

部屋で一人で読んだから
良かったようなものの、
そうそう!そうなのよ~と
読みながら、ウンウンうなずいている私は
傍から見たら
かなりアヤシイおばさんだっただろうな(笑)

妻の立場のモヤモヤの正体は
コレだったのか。

「なんで夫はこうなんだろう?」
じゃなくて
「なんで日本の男性は・・・」
だったんだなあ~。
(私は他の国の男性は知らん)

そういう風に広げると
ちょっと肩の力が抜けたかな。
しょーがないのかあと。


「結婚は互助会だ」
なるほどな~と(笑)

この本には柴門ふみさんだけではなく
いろいろな方のケースや声が
書いてある。

やはり皆さん、
感じているんだな。
夫は妻に対して
悪気がない自己中心的な考え
と。
しかもそれは、
外の人には見せない。
妻にだけ、なのだ。


だから平気で他の人にだったら
しないようなことができるわけで。

仕事だからと約束を破る。
妻の趣味をけなす。否定する。
聴いてる音楽の趣味が悪いとか。

勝手にテレビのチャンネルを変えて、
文句を言えば、そんなくだらない番組、と
さらに追い打ちをかける。

約束を破っても
他人にならあやまるんだろうけど
妻や子どもなら
そんなに悪いと思ってない。

些細な事になぜに腹が立つのか?

私は、夫が妻を一人の人間として
尊重していないことに
腹を立てているのだと思う。

自分のことは棚に上げた夫の偏見で、
意見される数々の暴言。

世界で一人、妻だけだよね。
(あ、子どももか)
こんな暴言吐いたり
ひどい扱いされるのって。
他人には決して言わないよね。
こういう扱いしないよね。
ちゃんと謝るよね。

・・・・と思ってしまうので
ある。

柴門さんは、ここの章は
ちょっと詰めが甘くて残念だった。
もっと突っ込みいれてほしかった。

そして「卒婚」についても
意見を書いていたけど
ちょっと弱いかな。

ここだけは当事者の話を
聞いていないみたいで
自分の考えだけ。

「卒婚は中途半端な選択肢」
「心の問題を先送りしているんじゃないか」と。
「いいとこどり」だと。

そうかな?
私はそうは思わない。
いろいろな形があっていいと
思う。
ひとそれぞれで、
やり方があると思う。

彼女は「やんわり家庭内別居」を
勧めているけれど
それではしんどい人も
いるはずだ。

「離婚か家庭内別居かどちらか」に、
なんで白黒つけにゃならんのか。
「どっちもイヤ」という人もいるだろう。

柴門ふみ氏は
老後は夫を施設に入れるなどもってのほかで
介護にいそしむ予定のようなので、
意外と(?)保守だったんだと感じた。
義父の介護を経験してきた私は
介護施設にかなり助けられたので、
ここは気持ちよく同意はできない。


まとめ☆

前半の、著者がすでに経験してきた部分は
痛快だったが、
後半、まだご自身が経験していない老後の
これからの生き方がテーマになると
ちょっと物足りない感じだった。
あくまで頭で考えた理想論で
私にはあまり参考にならなかった。

何年振りかで夜更かしして読んだ「こんにちはアン」

ふとしたことから、
「赤毛のアン」が
グリーンゲイブルスに引き取られる前の
話をモンゴメリじゃない作家が
書いていると知った。

「こんにちはアン」

こんにちはアン〈上〉 (新潮文庫)
バッジ ウィルソン
新潮社
2008-06-30



こんにちはアン〈下〉 (新潮文庫)
バッジ ウィルソン
新潮社
2008-06-30




しかもその作品、
子育て終了後は
ノーチェックだった
アニメ世界名作劇場で
やっていたと。 

こんにちは アン~Before Green Gables 1 [DVD]
日高里菜
バンダイビジュアル
2009-08-25



試しに読んでみたら
原作に劣らず面白くて
布団に入ってからも夢中で読んでて
気が付いたら・・・

アレ!?夜中の3時!!!!!
うそでしょ~

本を読んでいて
そんな夜更かししたなんて
ありえない(@@)

というくらい、まあ
インパクトのある
話だったわ・・・・。

特に、アンを二度目に引き取った
24歳のハモンド夫人が凄まじい。

双子を年子で3組産んで、
しかもその上に年子の
女の子ふたりいるって・・・

はい、計算してみましょう。







8人ですよ?(^^;)
しかもアンが来たとき、
みな4歳以下という・・・・

どんだけ子宮を酷使してるんですか
ハモンド夫人!!

そしてどんだけ仕込んでいるんですか!
ハモンドの旦那!


奥様、死にますよ?

8人の乳幼児をアンと二人で見るって
日本の保育士の基準なら
定員オーバーでしょ!

そのめちゃくちゃな状況で
子どもたちの世話を淡々としている
アンもすごすぎ。

それでも孤児院よりは
ましだったのに、
ハモンド夫人のところでも
いろいろありまして
(細かいネタバレしないように
控えておきますわ)
とうとう行くことになってしまって。

↓この風景は、グリーンゲイブルスに向かう
アンで、この話の最後のところね。


こんにちは アン~Before Green Gables 13<最終巻> [DVD]
日高里菜
バンダイビジュアル
2010-08-27



これが「赤毛のアン」に続くわけだ。
久しぶりに本作も読みたくなって
しまったわ。

赤毛のアン―赤毛のアン・シリーズ〈1〉 (新潮文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ
新潮社
2008-02-26



さて、そんなとんでもな世界に浸りきった
読書の興奮覚めやらぬ
夜更かした次の日。

たまたま妹が、
子どもが結婚した空の巣症候群で
凹んでいたので
さっそくこの本をおすすめしたら、
妹も知らなかった。

妹のメールのタイミング、
タイムリーだったわ。

あらま、CDも出てたのね。

豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)

岡山市北区 大雲寺の縁日にて。


image


image

レムリアとハワイにつながる本

昨年から
「ハワイ」とか
「レムリア」とか
キーワードが
来ていたんですが。

岡山の図書館でふと手に取った本の
著者の方が、岡山県のご出身で、
しかも私の住まいから徒歩圏の
学校にお勤めの先生でした。

保江邦夫先生。
講演会調べたら、
なんと横浜で6月にあると(^^;)

内容はハワイに行った時の話なんですが
ハワイなのに
私が耳慣れてきた岡山弁が
随所に出てくる(笑)
なんだか不思議な感じがしました。

2013年に出版されたこの本では
2016年に
再度の原発事故で首都を岡山に移す・・
という予知夢が語られています。
回避できて良かった~。


古神道《神降ろしの秘儀》がレムリアとアトランティスの魂を蘇らせる時 [ 保江邦夫 ]
古神道《神降ろしの秘儀》がレムリアとアトランティスの魂を蘇らせる時 [ 保江邦夫 ]

レムリアは、私もご縁ありです。
ええ、たぶんいました(笑)

今、書いていて気づいたんですが
私が仕事で使っているタロットは、
ハワイのマウイ島で作られたもの。

偶然なんでしょうかね・・・
 
ギャラリー
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • 歩きスマホでピンチ!のピクトさん
  • 新月のエネルギー爽やか
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村