月と星と太陽~うぶすな神社とあなたのご縁結び

産土神社リサーチ、パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 オリジナルセッション「麻由紀マンダラ」 (カードリーディング・イメージワーク・音霊による浄化、他) アクセスバーズ 「オーシャン・エンジェルズ」イルカさんクジラさんのエネルギー伝授とヒーリング

~旅行大好き・神社仏閣巡り大好きな麻由紀のブログへようこそ~
あなたを応援してくださる神様がおられる神社をお調べして、
開運する祈り詞や参拝のコツをお伝えしています。

生まれた土地の神社・・・産土(うぶすな)神社
現在お住まいの土地・・・自宅の鎮守神社
お仕事の守護をしてくださる・・・職場の鎮守神社

2007年04月

弁財天様ツアーを企画した誕生日のお話の続きです。

実は、11日ということで
(2月11日はルルドのマリア様の日)
都内の教会にある ルルドのマリア様を巡るツアーにしようか
直前まで 迷ったのでした。

午前中早くから出かけて時間を有効に使えば、
それも可能だったけど、
朝からちょっと体調がいまいちだった私は、
ゆっくり支度することにしたので
弁財天ツアーのみになりました。

しかし、マリア様にもお会いしたかったな・・・
というちょっぴり残念な気持ちは残っていたのです。
それが・・・・ 帰る途中に、 カトリックの教会があったのです。
道路から中を見ると、
真正面の位置に マリア様の像が!!!!!

うきゃーーー!

ああ、マリア様、
まさかここでお会いできるとは思っていませんでした。
今日はもうあきらめてました・・・・
お誕生日にお会いできてうれしいです。
マリア様の前に立ったら、熱い涙が~ 

その教会のパンフレットを帰宅電車の中で読み始めました。
著者のプロフィールが巻末にあり、何気に見たら、
なんと、夫が通っていた 当時の高校(カトリック系)の校長先生!!
もちろん夫は、覚えてました。
私の口から、 その元校長先生の名前が出たので驚いてました。

そのひとりツアーから帰宅したら、先日申し込んでいた
マリア様の「不思議のメダイ」が届いていました。
http://www.tomoshibi.or.jp/medai/index.html

まさか誕生日の今日、届くとは・・・
うれしい、マリア様からのプレゼントでした。
一緒に小冊子も申し込んでいたのですが、
その最後のページが
アッシジの「聖サンフランチェスコの祈り」なのが、
またサプライズでした。
(私にはちょこっとご縁のある聖人なので)

 

2007年の4月11日、 自分への誕生日プレゼントとして ひとり弁財天様ツアーを企画しました。

横浜市金沢区にある県立金沢文庫で、
15日まで行われている「特別展・弁財天」がメインです。

まず最初に金沢八景の琵琶島神社からスタート。
http://www1.seaple.icc.ne.jp/setojinja/kouza.html

源頼朝が、伊豆三島明神を勧請して瀬戸神社を創祀した時に、
妻の政子が竹生島弁財天を遷祀したものと伝えられています。  

ご祭神は、市杵島姫神命ですが、 この神さまは古く神仏習合の時代には弁財天として 信仰され、
今日でも「弁天さま」と親しまれています。
その次に琵琶島神社と、道路を隔てて反対側にある瀬戸神社へ。 http://www1.seaple.icc.ne.jp/setojinja/index.html
琵琶島神社は、瀬戸神社の摂社なのです。

ここは、かつて私が横浜市金沢区に5年ほど住んでいた時に おなじみの神社で、
境内でフリマや植木市などのイベントが行われていて、
まだ神社仏閣にさほど関心がなかった私でしたが、 好きな場所でした。

今住んでいるところは、弁財天様が守護神 と前にブログに書きましたが、
ここに来る前に住んでいたこの金沢区にも、 弁財天のご縁が、しっかりあったのでした!!

さらに、今ブログ掲載のために瀬戸神社のHPを見て、 またまたびっくり。

こちらの神社で毎年七月に行われている天王祭は、
  「起源が京都の八坂神社の祭り」だと書いてあります。
八坂神社と言えば、  須佐之男命 自然界や人間界の罪やけがれ、 病気や邪悪なのもを追い払い、
人々の苦しみ、悩みを除いて下さる神様です。
うわ~!!。須佐之男命といえば、 弟たちが住んでいる団地の隣にある氷川神社の御祭神で、
今年に入ってから私にもたびたびシンクロがある神様。
熊野にも関係ある神様だし(@@)
小学校の時にも、 学校の近くに八坂神社がありました。
よく寄り道して境内で遊びました。
な、なんなの、一体?!このつながりって。

ここで、おみくじをひいたら・・・・・ 11番・大吉 キタキタ~!!!。
11だああああ。 驚きながら、次の目的地へ。

本日のメインイベント、金沢文庫の特別展「弁財天」へ。
金沢文庫は、これまた私には懐かしい、 称名寺の隣にあります。

称名寺は・・・真言律宗のお寺です。
(真言律宗(しんごんりっしゅう)は、真言密教の宗義に基づいて 金剛乗の戒律を修学する一派)
私にゆかりの深いお寺は、 調べてみるとなぜか真言宗か曹洞宗なのです。
(ちなみに夫が絡むと天台宗が入ってきます)
ここでもやはり・・・!

ご本尊は弥勒菩薩。 浄土式庭園がとても美しいです!!!
そして何本もの大木があり♪ なんといっても金堂です、すごいのは。
正面に立つと、エネルギーをはっきりと感じました。
気持ちいい~。 ここまで私が感じるのは珍しいんです。 相性がいいのかもしれません。
さらにこの池には、江戸時代の境内図によると かつては弁財天様が祭ってあったそうです。
おお!!! ここにも弁財天様が!!

さらに。境内の片隅にひっそりと建っていた木造の建物は 熊野新宮古址でした。
熊野新宮のご縁もあった!! 予想外の大収穫でした。
金沢文庫では、弁財天様の像や資料をみてまたびっくり。

私が大好きな「宝珠」を
これまた大好きな弁財天様のお手に!!!


宝珠の、栗のようなタマネギのような形がかわいくて、 たまらなく好きなんです~。
宇宙のエネルギーをキャッチするアンテナなんだそうな。
願い事を叶えてくれるそうです。
でもまさか、弁財天様が宝珠を持っているとは!!
弁財天様、八坂神社、須佐之男命、真言宗、熊野新宮、宝珠・・・

弁財天様の旅のつもりが、それだけでは終わらず。
自分のルーツをたどることになった半日でした。
ネットで調べているだけでは出てこない。
時間を作り足を運んで現場に行くと、 たくさんのギフトがあります^^
(つづく)
 

↑このページのトップヘ