横浜というと 住んでいない方は 「海」や 港 のイメージがあるかもしれませんが
それは桜木町・関内あたりの話で(爆) 山側はけっこう田舎です(笑)

横浜のチベットとか 横浜のヒマラヤとか ジモティをいいことに、
私は言いたい放題です。
中でも横浜市緑区は 青葉区や都筑区にオシャレなところを 持っていかれ、
独立されてしまい、 残った緑だけは、たくさんあります! という区になってしまった・・・
都筑や青葉に比べて 高齢者の比率も多いです。
おっと!そんなことを書きながら 本日のテーマは 青葉区の寺家ふるさと村です☆

寺家ふるさと村は、 我が家から車で40分くらいのところで 大好きな場所です。 時々夫婦で ウォーキングに行きます。 日本の原風景が広がっています。
ゆったりお散歩が最高! 地場産の野菜も売っています。

もちろん春には 梅・すみれ・そして桜も

「横浜線沿線散歩」寺家ふるさと村 http://www.natsuzora.com/may/town/jike.html

「寺家ふるさと村」(青葉区寺家町)について http://www.city.yokohama.lg.jp/kankyo/green/furusatomura/jike-index.html

大正11年に王禅寺に合併される前までは、 寺家町の中心に、
東円寺というお寺があったそうです。

2001年から、何度か来ているのにもかかわらず
ここにある神社が熊野神社だった!と気がついたのは 2007年に入ってから(^^;)

「あおば百景」というHPによると http://aoba.ws/jike-kumano.html
「もともと、この神社は鎌倉の御家人安達氏の一族であった大曽根氏が、
港北区師岡にあった熊野神社を、 一族が領有することになったこの寺家に分社したもので、
もとは寺家の入口の東円寺にあったが、
焼けてこちらへ移したものである。」 とあります。

港北の師岡神社
は 横浜のパワースポットとして 知る人ぞ知る神社で
私も何度かご縁をいただいて参拝しています。
こんなところで、師岡の熊野神社と繋がるとは・・・!!

さて、神社には樹高25メートル、胸高周囲2.5メートル、 樹齢は約150年というモミの木があります。
神奈川名木百選と横浜市の名木古木の双方に指定されているそう。

久しぶりに昨日その寺家ふるさと村へ出かけて
いつもは歩かないくもの巣だらけの山の道へ行き、 (ちょっとこわかった)
思いがけなく弁財天様のほこらを見つけました。 (きゃーきゃー

地図には池の名前が「居谷戸池」と地図には書いてあるけれど、
弁財天は載っていないし、現地にも立て札がない。
石碑は小さくて遠くて字が読めない。
でも池の真ん中に島があってそこに鳥居があって 祭られていたら
「もしかして♪」って期待するじゃないですか。

総合案内所「四季の家」の受付で確認したら やはり弁財天でした!

 「四季の家」HP http://www.city.yokohama.jp/me/kankyou/green/furusatomura/furu05.html

かつてのパンフレットには「弁天様」とひとことだけ 載っていたそう。
今は、それを知るすべがない。 こうしてわざわざ、聞かなければ。
ネットで検索したけれど あそこに祭ってあるのが「弁天様」と 書いてあるサイトは
見つからなかったのです。 とっても気になっています。