総持寺の放光堂は、 明治44年(1911)11月5日、 總持寺が能登から移転されて、 最初に法要が厳修された建物で、 当時は、大祖堂として中心的な役割を果たしていたそうです。 お参りしていたら、本堂の御本尊の奥に 何か白く光っている尊い存在を感じたんです。 この場所で ...