月と星と太陽

パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 パワーストーンなど癒しグッズや本の紹介。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

2009年03月

永谷天満宮月次祭

月と星と太陽-090325_1551~01.jpg

ピンボケの写真ですみません(汗)

横浜市営地下鉄、上永谷駅より徒歩5分ほどの永谷天満宮

不思議なご縁をいただき

3月25日の月次祭に参加させていただきました。

永谷天満宮は、永谷の天神さまとして親しまれ、

菅原道真が、自分の姿を鏡に映して自分で刻んだ、

全国に三つしかない木像のうちの一体をもつ神社です。

参考HP 横浜市港南区  「永谷天神と菅秀才」

http://www.city.yokohama.jp/me/konan/furusato/minwa/minw_17.html#head

私は子供時代から引越しが多く、かつまた

氏子のない新興住宅地に住むことが多かったので、

神社の月次祭に参加するという経験は

人生ン十年で、今回が初めてでした。

今住んでいる横浜の地はやはり近年の団地の造成地区で、

残念ながら、氏子となる神社が存在しません。

一番近くの神社に参拝するためには

バスか車で移動しないと・・・(^^;)

歩いたら30分以上かかります☆

そういうわけで、私にとっては未知の世界、

地域の方のコミュニティの要となる氏子制度の雰囲気を

この日肌で体験し、いいものだな~としみじみ感じました。

そして月次祭のすばらしかったこと!!

途中で道真公からメッセージが降りてきて、じいんとしました。

実は浜松に行ったときも、先触れとなるようなシンクロが来てました。

私が気づいていなかっただけで(^^;)

月次祭最後にいただいたお神酒が「梅酒」だったことが

いかにも梅がお好きだった菅原道真さんの神社だなあ~と

うれしくなりました。

(この梅酒がまたおいしかったんですよ^^;)←おかわりしたいくらい←あほ。

今回は、雨が降っていたためか

参加者がいつもより少なかったそうです。

しかし、月次祭が終わり、宮司さんのご挨拶のころには

なんと雨が上がり、晴れ間も見えてきました。

わ~すごい!!

その後、直会にも参加させていただき

楽しいひと時を過ごしました。

この日は雨が降っていたので、山道がぬかるんで

奥宮に行けませんでしたが、

次回参拝時には 

奥宮のコノハナサクヤヒメにぜひご挨拶をしたいです。

ちなみに神社のすぐとなりは

天神山 貞昌院 

http://www.teishoin.net/

という曹洞宗のお寺です。

曹洞宗・・・・先日浜松で先祖のお墓参りをしたのは曹洞宗のお寺☆

そして私の鎮守神社(山田雅晴先生に調べていただきました)にも

摂社に天満宮があります。

やはり 上永谷天満宮と貞昌院

ご縁のある神社&お寺だったのですね。

感謝。

事任八幡宮境内社参拝~浜松~帰宅

月と星と太陽-090319_1027~01.jpg
事任八幡宮の摂社を参拝して
バスに乗り、掛川駅へ出ました。
この駅には、掛川名物を売っている場所があり、
そばにあるアイスクリーム屋さんをのぞいたら
お茶やメロンなど
ご当地名物アイスクリームがあり、
とってもおいしそう!
電車の時間があったら
食べたかったです。
残念☆
東海道線に乗り、浜松へ。
昼食、市役所、産土神社参拝、お墓参りをして
最後に図書館で産土神社の歴史について調べて・・・・
と盛りだくさんの1日(@@)
横浜の自宅に帰宅した時は
21時を過ぎていました。
途中、神様仏様ご先祖様のお導きとしか思えないような
出来事がいくつかあり、
一の宮と産土神社参拝に
ご先祖様へのお墓参りと
長くて短い充実したすばらしい1日でした。
帰宅後、叔父から交通費の援助をいただき
思いがけず金運にも恵まれた旅行となりました。
これはやはり・・・浜松応援というお約束への
後押しですかな~。

奥宮にて誓い

月と星と太陽-090319_1013~01.jpg
事任八幡宮の奥宮で
誓いました。
「遠江国の応援をいたします。」
あらま~。
そうだったの?!←他人事。
自分で言って驚いた(笑)
今回、浜松と掛川に行くことで
なにか重要なメッセージを受け取る予感はありました。
でも、まさかこういうこととは・・・・・。
とはいえ、伏線はあったんですな~。
誓いながら、思い出しました。
30年前のちょうど今頃に、同じようなこと言ってた!!
(ああ、年がばれる^^;)
当時高校を卒業して、浜松の親戚に泊まりに来ていた私。
今思えば、あれも呼ばれていたんですね。
浜松市内の祖母の生家に
祖母と泊まりに行ったのは
実に10年ぶりだったし
それが最後でした・・・・・。
そのとき、産土神社で
「浜松が好き~!!
いつか帰ってきたい。」
としみじみ泣いたんです。
その後、何十年もそれどころではなくなり
生きていくのに精一杯で、すっかり忘れてました。
「オマエはもう嫁にきたんだから、実家の墓参りに行く必要はない」 と
祖父母のお墓参りにも行かせてくれないような男との
不幸な結婚生活に終止符を打ち、
その後は私の浜松行きに理解ある今のダーリンと再婚。
今は横浜に落ち着き、家族もいるので
浜松で暮らすことはもちろんままならないけれど、
気がつけば、スピリチュアルに目覚めた2004年から
不思議と年に1回は、ご先祖様のお墓参りに
浜松に行くことができるようになりました。
浜松も私を呼んでくれている・・・♪
今度は私がお礼をする番です。
今すぐできることは、
こうしてブログに浜松やその周辺の情報を
書くこと。
出かけて、体験して、感じて
それを伝えていくこと。
まずそこから始めようと思いました。
小さなことから、コツコツと!
このブログを読んで
遠江国に興味をもって出かけて下さる方が
いらしたら本望です。
いつか、ツアーもしたいです。
事任八幡宮と小國神社(おくにじんじゃ)参拝の
遠江国一の宮ツアーも面白そうだし、
父の出身地である袋井には「遠州三山」という
有名な3つのお寺があります。
油山寺(ゆさんじ)・・・真言宗
 法多山(はったさん)・・・真言宗
可睡斎(かすいさい)・・・曹洞宗
不思議と私とご縁のある真言宗と曹洞宗のお寺。
しかし、横浜からは ちょっと遠い・・・・(^^;)
いつか実現したらいいな~。
というわけで、無事に奥宮参拝を済ませ、
バスの時間をにらみながら、
事任八幡宮へ戻り、境内の末社を参拝しました。
まだまだ続きます・・・・

事任八幡宮奥宮で癒され&誓いをする

月と星と太陽-090319_1012~02.jpg
奥宮!!
山の中腹までの厳しい道
(いや本当はたいしたことないんですが^^;)を
上る道に
大好きなスミレを発見♪
奥宮のお社が見えたとき、
私はここに来たかったのだ!!
とわかりました。
着いた時からもうじわ~っと
ご神気を感じて
バスの時間さえなかったら
このあと浜松で山ほど(笑)用事がなかったら
ずっとここにいたいくらい
気持ちのよい場所でした。
交通が不便で、車でなければ なかなか参拝がきびしい場所です。 でも、一度はわざわざ参拝したい イヤシロチです、 私にとっては。 (あなたにとってどうかはわかりません)
奥宮の神様のいやますますのご開運をお祈りしていると
涙がぽろぽろ出てきました。
で、私の口から出た言葉は
自分でも思いがけないものでした。
「遠江国の応援をいたします。」

遠江国掛川名物、振袖餅(事任八幡宮参拝、番外編)

月と星と太陽-090319_1047~01.jpg

  掛川駅に朝の9時前に着きました。

 ちょうどよい時間のバスはなく、

 そのバスをのんびりと待つスケジュールのゆとりが

 今回はありません。

 行きはタクシーを利用しました。

 10~15分くらいだったと思います。

 途中で 掛川名物「振袖餅」のお店「もちや

 寄ってもらいました。

>ラッキーなことに、ちょうどルートだったんです♪

 1つ110円のこのお餅は

  もち米100%、添加物も入っていないため、

日持ちはしないので、ここでしか買えない。

餅の味は「白」と「ヨモギ」の2種類。

北海道十勝産を使用。

ネットで調べていくうちに

限定モノに弱い私は、

どうしても食べたくなりまして(^^;)

白とヨモギをひとつづつ買い求め

即タクシ-に飛び乗り事任八幡宮へ。

その振袖餅は午後、浜松であわただしい移動の最中に

バスを待ちながらいただきました。

時間に追われる中、

甘すぎないあんこと柔らかくてのびるうす~いお餅の

ハーモニーにパワーをもらいました。

遠江国一の宮・事任八幡宮へ(その2)

月と星と太陽-090319_0937~01.jpg

行きの新幹線の指定座席は11号車11番。

おお!!さっそくシンクロ旅行の予感が♪

(ちなみに帰りは11号車9番)

さて、事任八幡宮は、周りが田んぼや畑というのどかな場所に

ありました。

掃き清められて清々しい境内、

見事なご神木、

本殿は扉が開いていて

中がよく見えます。

お賽銭箱のとなりにおみくじが。

ひいてみました。

キタ━━━━━━(゜∀゜)━━━━━━!!

11番です、しかも大吉。

その後、社務所でご朱印やお守りを受けて

境内の看板にある奥宮が気になります

というかなんだかこれで終わりなの?

という、とても奇妙な感じがしたのです。

私がこの神社を参拝したかった目的が

まだ達成されていないような・・・?

バスの時間まであと50分と微妙なところだったのですが

神主さんに聞いたらわりと近くということで行って見ました。

道路を隔てて反対側にある山の中腹に

奥宮はありました。

出発前にネットで調べた時に

奥宮について書いてあったHPやブログ、

私が見つけたのは わずか1件でした。

でもでもそこがとても気になってたまらなかったのです。

(続く)

遠江国一宮、事任八幡宮へ(その1)☆

月と星と太陽-090319_0924~01.jpg
ご神木が見事です。
癒されます・・・
遠江(とおとうみ)は、
静岡県の西半分のこと。
江戸時代は遠江国
明治時代は「浜松県」となり、
そのわずか数年後に駿河国や伊豆国と合併させられて
「静岡県」になったそうな。
そんな遠江国には一ノ宮がふたつあります。
今回私が参拝したのは
掛川市の事任(ことのまま)八幡宮
バスもあるけど本数がかなり少なく、
掛川駅からタクシーで15分くらいと
不便なところにありますが
超おすすめでございます。
主祭神

     己等乃麻知比売命

       (ことのまちひめのみこと)

         

          玉主命(たまぬしのみこと)の娘神様

興台産命(こことむすびのみこと)の后神様であり、
枚岡神社や、春日大社にお祭りされている
  天児屋根命(あめのこやねのみこと)の母神様。
言の葉で事を取り結ぶ働きを持たれる神様、
天と地と人を結ぶ、
とても大切なお働きをなさる神様です。 全国でここだけでしか祀られていないそうです。
他にも
誉田別命(ほんだわけのみこと)/応神天皇
息長帯比売命(おきながたらしひめのみこと)/神功皇后 玉依比売命(たまよりひめのみこと)が

                 祀られています。

なぜに、ここに参拝したのか。
それは私が遠江国の出身だからです。
全国に一の宮は数あれど、
やはり自分の出身地の一の宮には参拝したい!と
常々思っていたからなのでした。
もちろんもうひとつの一の宮である
小国神社にも行きたいのです。
しかし・・・・・・・・・
車ならほいさっさ~♪ですが
本数がかなり限られる電車とバスの乗り継ぎでは
かなり厳しいので
今回は、こちらだけにして
午後は浜松へ産土神社参拝&
お墓参りに(お彼岸ですから)。
続く☆
ギャラリー
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • 歩きスマホでピンチ!のピクトさん
  • 新月のエネルギー爽やか
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村