月と星と太陽

パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 パワーストーンなど癒しグッズや本の紹介。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

2009年06月

熊野紀行8那智の瀧で妻は感涙&夫は激写の夫婦(笑)

熊野に行きたいねと夫婦で

言い始めたのは

2006年の秋のことでした。

テレビで、那智の瀧を見ていた緑のタヌキ(夫)が

次はここに行きたいなあ!!

と言い出したのでした。

なんの次かというとお伊勢参り(三重県)に

2006年の6月夏至のころに夫婦で行ったのです。

それで、緑のタヌキ

今までずっと真っ白だった和歌山県のイメージが変わり

(行った事がない県だった)

熊野は、伊勢からならもうすこしだということを

初めて腑におちたというか、理解できたというのです。

で、実は彼は私と同じくらい(いやもっと?)

湧き水や瀧が大好きなんです。

私は熊野には前から行きたかったので

でも、クリスチャンの夫だから、神社やお寺めぐりというのは

いかがなものなのかと遠慮していたので

もう即OK!!!!!о(ж>▽<)y ☆

とはいえ、行きたいなあと思ってから

他のことに休みをとられるさまざまな事情で、

なかなか実現しませんでした。

(理由のひとつには緑のタヌキが ひとりっこ長男ということもあり☆)

それでも、昨年後半あたりから

熊野シンクロが増えてきて、

周りの状況も整ってきました。

熊野に呼ばれてる?!という思いが

今年に入ってからますます強くなり

シンクロも 本当にえええ~という盛り上がり。

そういうわけで、今回の熊野三山めぐりで

一番二人が楽しみにしていたのがこの那智の大滝だったのです。

せっかく行くのなら、空気が澄んでいて

人が少ない早朝に参拝しましょ!ということで、

(伊勢もそれでとてもよかったので)

お宿を歩いて参拝できる美滝山荘にしたのです。

早朝参拝は、大正解でした。

5時20分に境内に着いた時

貸切状態でした。

20090618132216

それで、私はじっくりと滝を拝みながら

大国主様からのメッセージを受け取ることができたのです。

ご神気を感じて熱い涙がしばらく止まりませんでした。

ハンカチを目にあてて立ち尽くして泣いている私のそばで、

緑のタヌキは、滝の写真や画像を夢中になって

撮りまくっていました。

(ハタからみたらちょっとあやしい夫婦?笑)

まだまだ続く☆

那智の瀧は最高!

早朝の 那智の瀧・ 飛瀧神社(ひろうじんじゃ)

さいこーです!!

熊野参拝旅行の、私たち夫婦のハイライトでした。

20090604045121 瀧を眺めているだけで なぜだか涙が出来てきました。 私はしばらく一人で泣いてました。 うれしくて泣く。 法悦に満たされて? 神意を感じて? とにかく幸せで泣いているとしか 言いようがありませんでした。 そーいえば、過去世で熊野にいたらしいよって 前に言われたことがありました。 懐かしいのかな? 入れ替わり立ち代りチラホラと 早朝の観光客が来る中、 時には貸切状態になるときもあり、 私たちはたっぷりと どっぷりと うっとりと 那智の滝のパワーを浴びて 堪能しました。

あなたも、那智へ さ~、いこー!!

(つまんないこと書いてすみません・・・

大目にみてやってください)

20090604045116

熊野紀行7大斎原そして那智の滝が見えるお宿へ☆

熊野本宮大社参拝後は

徒歩で、すぐ近くにある 

大斎原(おおゆのはら)

熊野に行くなら、絶対ここにも行きたい!と

前からずっと思っていた場所です。

森からもと本殿がある場所へと移る場所で

エネルギーが切り替わった感じがして

もとの本殿前はなんとも気持ちよく感じました。

すぐそばに川が流れていて、

そちらにも足を運び、川のせせらぎに

しばし耳をすませました。

ああ、時間が許すならここで

ぼけーっとしていたい!!

ほんとうにいたらぼーっとしてきました。

これもパワースポットのなせる力か?

大斎原 に行く途中にあった神社も参拝。

産田神社(熊野本宮大社 末社)

  御祭神   伊邪那岐命(荒魂)

  

20090603100627

さて、本宮駐車場にあったおみやげやさんで

お土産を買い、レンタカーでお宿に向かいます。

本宮から川沿いの道を降りて新宮へ。

新宮から勝浦へ・・・そして山に向かいます。

走る道中、神様・仏様にお願いしました。

「那智の滝が見えるお部屋になりますように・・・・」

宿に着いたのは4時半過ぎ。

今日のお宿は 美滝山荘

那智の滝へはなんと徒歩で行けるのです♪

それで、ここに決めたのです。

宿に着いて、お部屋を案内してもらい・・・

部屋の名前を見てええ!? (@@)

20090603100630

那智山!!

さらに部屋に入ると

真正面に那智の滝がぁぁぁぁ~!!

20090603100632

窓を開けたら滝の音も聞こえる!!

うれし~!!о(ж>▽<)y ☆

願いが叶ったぁぁぁぁ

どの部屋からでも

滝が見えるわけではありません。

「ここは一番いいお部屋です」

とお宿の方が言ってました。

そうでしょうとも。

何しろ滝が真正面に見えるんですもの。

神様、仏様、ありがとうございます!!

昨夜バスで夜を過ごしてよく眠れなかったのと、

横浜とは違う南国の強い日差しの中の参拝で

二人ともけっこうヘロヘロ。

滝の音をうっとり聴きつつ

しばしお茶を飲んでから

交代でお風呂に入って、

6時からの夕食を堪能して

夜は早めに寝ました。

明日は早朝の那智の滝へ

行くのです♪

私たち夫婦の今回の旅行のハイライト!!

最大の目的はこの那智の滝なのです。

夕食でも不思議な出会いがあったのですが

それはまたいつか・・・。

熊野紀行6熊野本宮・祓戸大神と本殿

まずは 熊野本宮大社、参道の途中の

祓戸大神に参拝

(たいていの人はスルーしてますが、

やはりここで本宮の神様にご挨拶する前に

祓いの神様にお祓いしていただくことを

オススメします♪)

20090601080142

本宮の境内、本殿前は撮影禁止なので、

撮影OKのここまでで写真はおしまい。

20090601080144

この写真でいうと左側に

参拝の順番が書いてあったので

それにしたがって参拝しました。

単純に左のお社から、というわけではないようです。

(ちなみに速玉では、宮司さんに確認しましたが

順番はないそうです。

那智は他の二社と境内の造りが違っていて

拝殿はひとつしかなくて、各神社を拝めないようになってました)

右側には社務所があります。

本殿前はじりじりと照りつける南国の太陽で

かなり暑かったです。

(ああ日焼けがコワイ)

しかし、はるばる横浜から参拝に参じたのですから

さっさと移動するなんてモッタイナイ。

しばらく本殿とうしろの森を、日陰に入ってながめ

二人でエネルギーを感じました。

気持ちいい・・・・・

参拝後、社務所でご朱印をいただき、

その他の授与品を受けました。

熊野紀行5熊野本宮大社

車で中辺路ルートを走りました。
山、また山。
途中道の駅で休憩&おみやげを買いました。
夫は自分のお弁当用に本場紀州の梅干を。
私は娘に梅味のキャラメルを。
(ほどよい酸味が新鮮でした)
自分用には・・・ふふふ( ̄+ー ̄)
もちろん神社とお寺で買います。
ランチは熊野牛のハンバーグ。
デミグラスソースがおいしかった。
そして手作りの白いドレッシングのサラダが
めちゃうま!!
さていよいよ熊野本宮大社です。

熊野本宮は3つの神社の中で 最も格調が高くて重厚で渋かったという印象。

月と星と太陽-090523_1337~01.jpg

                    鳥居前の電話ボックスも渋い(^-^)                        屋根には宝珠が♪                  

                    

                   

             

ギャラリー
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • 歩きスマホでピンチ!のピクトさん
  • 新月のエネルギー爽やか
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村