月と星と太陽

パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 パワーストーンなど癒しグッズや本の紹介。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

2017年12月

蔦森樹さん講演会メモ

10年ほど前の蔦森樹(つたもりたつる)さんの
講演会のメモが出てきました。

今読んでも、心に響くなあ~と思ったので
シェア。

『(その人と)分かり合えない時があっても、
それはその人の問題であって、私の問題ではない。

人の問題におせっかいに口出ししない。

自分にも問題はあるけれど、
人が言ってくることは、全部その人の問題だから、
自分の問題として背負わない。

システムも、私の問題じゃないよとかわすことができる。

母性と父性も、言っているその人の問題。

周りでとやかく言う人に、
自分のこととして変な毒を食べないこと。


相手の同意なき行為が暴力につながる。


出来ないことを無理にしなくていい。
無理にしてはいけない。  』

   ↑
ちゃんと警告があったんだよね・・・

それから何年後かに、
無理してやって体壊してしまった(--;)

でもそれに気づいて、
まわりの人にたくさん助けていただいて、
岡山に移住したから^^

結果オーライ。

浄楽寺(神奈川県横須賀市)の運慶作仏像

運慶の仏像は、全国に20体も現存しないのに、
そのうち5体が神奈川県横須賀市の
浄楽寺にあるというのです。

今年秋の
運慶展でも公開されてました。

お寺での一般公開は

年に2回、3月3日の『春の仏像特別公開」と
10月19日の「秋の仏像特別公開」。

その他では、1週間以上前の御予約、
時間指定で申し込みできるそうです。


アクセス 
JR逗子駅バスターミナル2番乗り場から
「長井」行きなどのバスに乗り、
バス停「浄楽寺」下車。

けさから風邪気味・・・

ここ数日、寒くておこもりしたいのに
なんだかんだ用事で出かけることとなり、
昨日は特に夕方日が落ちてからの帰宅。

昨夜早めに寝たけれど朝起きたら
鼻水&喉イガイガ。
時間が経ったら咳もちょっと出てきた。

こんなとき私はまず
プロキャン(プロポリスキャンディー)をなめる。

森川健康堂 プロポリスキャンディー 100g
森川健康堂 プロポリスキャンディー 100g


そしてホメオパシーを飲む。
ひとまず、症状からアーセニカムと
カレンデュラを飲んでみた。
ええ、自己責任ですよ。
ここ数年、風邪でダウンしても
インフルっぽい高熱が出ても
医者に行かないで治りました。
ホメオパシーの力も借りて。
(って、自分の治癒力だよね。要は)




参考サイト
Shinのナチュラルメディスン - Essence of Nature -さま

Arsenicum

・心配で落ち着きが無い

・寒がり

・のどが渇いて、チョビチョビと少しずつ飲み物を飲みたがる

・アレルギーや喘息による咳

・咳をしている最中に、大量に発汗する

・気管支が炎症を起こして、息がしにくくなる

・泡っぽい痰が出る

・心身共に消耗する

・悪化:深夜12時から2時、外気(特に冷たい)、冷たい飲み物、
横になること、ホコリ、煙草の煙、階段を登る時

・改善:暖かい飲み物、暖まること、姿勢よく座ること

あくまで私の備忘録ですから!


「四国八十八か所感情巡礼」

今月、長年の夢だった四国八十八か所霊場へ
行くことになったのでお勉強。

図書館にあった本を借りてみた。



四国八十八ヶ所感情巡礼
車谷 長吉
文藝春秋
2008-09



初めて読んだ四国八十八か所霊場の巡礼記が
この本だったことが
良かったのか
悪かったのか・・・(ーー;)

だって車谷長吉(くるまたにちょうきつ)氏の
巡礼の関心事が・・・
巡礼中の野グソの記録なんだもの(爆)

年配の方は、大が出るか出ないかが
一日の最大関心事となる場合があることは、
そしてそれを人に語りたがる事は、
ある特定のおじじさまとのお付き合いで
知ってはいた。

(お付き合いといっても断じて交際していたわけじゃないよ!)

この方は徒歩で巡礼しておられたので、
余計に大変なことだったのだと理解はしている。
そして、そういうタブーにあえて
触れて書かれておられることで
読んで助かった方もいらっしゃるんだろうなあ。


もちろん、それ以外のことも
書いてますよ。
宿のこととか、
地元の方や巡礼者とのふれあいとか・・・
でも大の話が多いし、
インパクトが強いので
読後には大の話が一番印象に残ってしまうんだわ。

「山道でうんこ。」
と何度も出てきた。

私は車谷氏のことを全く知らないまま
この本を読んだのだが
読後に著者略歴で、
直木賞作家であり
川端康成文学賞も受賞されていたことを知った。



直木賞受賞作

赤目四十八瀧心中未遂
車谷 長吉
文藝春秋
2001-02-01




川端康成文学賞

武蔵丸 (新潮文庫)
車谷 長吉
新潮社
2004-04



それと、お遍路を車でまわっている方への
非難。
自分がしている歩き遍路だけが、
苦労するからこそ、
極楽に行けるという目線は、
共感できなかった。
人にはそれぞれ事情がある。

もちろんスタンプラリーのような
とにかく数をこなして早く回ればいいという
お詣りは、私も反対だ。

ちなみに私は、一巡目は車。
極楽に行くことを目的としている
わけではない。
感謝とご開運を祈りに行きたいと
思っている。
そしておそらく過去世で過ごした場所も
あるのだろうから、
そんなことも感じながら。
四季のうつろいを味わい、自然を愛でながら。



岡山の本メモ



「岡山県の七福神」小出 公大
(非売品)

ギャラリー
  • 岡山市東区沼の弁天神社
  • 岡山市東区沼の弁天神社
  • 吉備津神社の紫陽花
  • 吉備津神社の紫陽花
  • 吉備津神社の紫陽花
  • 吉備津神社の紫陽花
  • 四神相応
  • 四神相応
  • 四神相応
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村