静岡県浜松市 

浜名湖にある弁天島の夕暮れ。


私の幼児期の海水浴といえば、ここが定番でした。




弁天島の夕暮れ.jpg



今回は日帰りで

浜松市内の母方のご先祖様のお墓参りと

お彼岸で御開帳している鴨江寺と

かつての自宅近くの金山神社と

弁天島の弁天社と

弁天島温泉に入浴という

欲張りな企画でした♪


交通費は

「ぷらっとこだま」でちょっとお安く~♪


行きの新幹線から 面白いことがありました。


新幹線ホームの売店で

崎陽軒のお弁当を買った私は

お弁当を入れてもらった袋を見て 、

わーい♪


なんと龍が宝珠を持っているイラスト付きの

ビニール袋!るんるん。


さて「ぷらっとこだま」は指定席なので

自分の席を探すと二人掛けの席で、通路側。

その隣の窓際の席には、私と同じ年くらいの女性が

すでに座っていた。

で、すわったら目に入ってきたのが

崎陽軒の龍の袋。

彼女も私同様、新幹線に乗りこむ前に 

崎陽軒の売店で買い物したみたい。


龍の袋がふたつ並んでいて
なんだか不思議な感じがしたが
これだけでは終わらなかった!

私がその後ぷらっとこだまの券で
コーヒーを頼んだら彼女も注文。

浜松駅に着くので降りようとしたら
なんと彼女も降りる支度をしている。

新幹線が駅に着く前に
思わず声をかけてお話したら
なんと彼女も
今日は日帰りで、

生まれ故郷の浜松市内にお墓参りに来て(私と同じ!)

そのお寺は曹洞宗のお寺!(私と同じ!) 

浜松は、子どもの時に引っ越してしまい
今は田園都市線沿線に住んでいる。(私と同じ!)

そして彼女も新横浜駅から乗り
ぷらっとこだまを利用して日帰り(これまた私と同じ!)

崎陽軒の弁当を新横浜駅で買い、
ぷらっとこだまのドリンク券を利用した
車内販売のコーヒー注文までが
一緒なのだった!

後で調べたら、私のお寺は、
彼女のお寺の末寺という関係だった!!
   ↑

 わかりやすく言うと、
彼女のお寺が、私のお寺の親分みたいなものかな。

同じ宗派で、しかも つながりがあるお寺だったのだ。

こういう不思議があるから、
旅は、本当に面白い。

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字