浜名湖弁天島には海水浴場、潮干狩り、

そして弁天温泉があります。


浜名湖に大きな赤い鳥居がシンボルとして立っています。


なのにちょっといやかなり!!

マイナーな弁天神社。


あまり観光案内には載っていませんしょぼん

インターネットでの情報も少ない。


御祭神は、市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)。


会場・交通・家内安全・商売繁盛など所願成就の神さまとして

信仰されています。

      ↑

(これだって自分で実際に神社へ行ってはじめてわかったんです)



昔この弁天島のあたりは「天の橋立」のような美しい風景で、

そこへ天女が舞い降りたそうです。


村人が喜んで社(やしろ)をたてるから

ここにとどまってほしいとお願いしたのに

どういうわけか天女は三保の松原へ行ってしまったそうな。


その後江戸時代(宝永6年・西暦1709年)、

渡海安全のためにこの弁天神社が建てられました。


弁天神社境内には天女の松、というのがあるらしいです。


くねくねと曲がって龍のような松やイチョウの大木などが

小さい境内の中にあり、木が好きな方にはうれしいかも♪

ここから海(っていうか浜名湖?)は歩いて目と鼻の先です。



汗市杵島姫命は、日本神話に登場する水の神様で、

スサノオの剣から生まれた宗像三女神の一柱。


厳島神社(広島)の祭神ともなっており、

「イツクシマ」という社名も

「イチキシマ」が転じたものとされている。

後に仏教 の弁才天 と習合し、

 本地垂迹(ほんちすいじゃく)において同神とされた。

(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より抜粋)




 市杵島姫命は、なぜか私にはご縁のある女神様です。

自分の生い立ちを調べていくと、何度も出てきます(^^;)


浜松には5歳までしかいなかったので、

さすがに夏しか行かなかったであろう

この弁天神社の記憶はありません。

(生家の近所の神社とお寺は覚えてますが)