『赤毛のアン』を久しぶりに読むにあたり、
今回はあえて読み馴染んできた
村岡花子氏の訳本をやめて
違う役者のものを選んだ、と
前回書きました。

赤毛のアン (集英社文庫)
ルーシー・モード・モンゴメリ
集英社
2000-05-19


その松本侑子氏の本で
これも参考になるかと思い
読んでみました。


赤毛のアンのプリンス・エドワード島紀行 (楽学ブックス)
松本 侑子
ジェイティビィパブリッシング
2013-02-27





プリンスエドワード島や
グリーンゲイブルズや
花々の美しい写真に
癒されただけでなく、
情報もありました。

「赤毛のアン」の背景がわかって
とてもよかったです。

中でも驚いたのは
「赤毛のアン」は舞台はカナダの話だけれど、
ベースにあるのは、
モンゴメリ自身のご先祖様である
ケルトの物語だったということ。

ウィキペディアには
モンゴメリは
スコットランド系とイングランド系の祖先を持つ
とありました。

「赤毛のアン」登場人物の
マシューの母はスコットランドからの移民で
アン、マシュー、マリラは
モンゴメリと同じスコットランド系。

アンの親友ダイアナは、
アイルランド系とのこと。

なんであんなに
英国の詩の引用が多いのかと
思っていたのですが、
それはスコットランド史につながるもの
だったんですね。

でもって、
なんでそれにワタシがこだわるのかと
言えば、
理由は単純。
ケルトが好きで
気になっているからですわ。

イギリスとフランス、
どっちに行きたい?と聞かれたら
迷わずイギリスと言う!
しかもスコットランド地方に
行きたい~。

いやでもやっぱりその前に
プリンスエドワード島に行きたいなあ。

詩の引用や花についても
うわ!これ初めて知ったわ~きゃーきゃー(^▽^)
というネタをいくつか見つけましたので、
アンシリーズしばらく続きます。