お気に入りのコミックのひとつ、
鎌倉が舞台の、『海街diary』のシリーズ。

特に8巻「恋と巡礼」は、
主人公すずのお姉さんチカが、
ヒマラヤ登山に向かう恋人の無事を願掛けするために
地元鎌倉の神社仏閣を巡礼するお話がメインで、
鎌倉に実在する神社仏閣(八か所)を巡礼しています。

巻末に、主人公たちが巡礼した
神社仏閣を紹介した『鎌倉パワスポめぐり』が
見開き1ページあり。

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)
吉田 秋生
小学館
2017-04-10



  ↑
表紙は甘縄神明宮の参道階段。


鶴岡八幡宮(相模国一の宮)
荏柄天神社
宝戒寺(ほうかいじ)
鎌倉宮
大巧寺(だいぎょうじ)(安産)
八雲神社(厄除け)
由井若宮(元八幡)
甘縄神明宮(長谷の氏神様)



とってもうれしかったのは、
由井若宮(元八幡)がその一つに入っていて、
しかもお話の中で、何度も出てくる重要な場所に
なっていたこと。

ご存知でしたか?
鶴岡八幡宮は、もともとこの由井若宮の地に
あったのです。

平安時代1063年(康平6年)8月に、
源義家公が前九年の役の勝利に感謝して
源氏の氏神だった京都の
石清水八幡宮を勧請して
創建されました。

その後
1180年(治承4年)10月、
鎌倉に入った
源頼朝が由比若宮を小林郷北山に遷座し、
現在の
鶴岡八幡宮を造営しました。

元宮というのは、
神様が最初に祭られた聖なる地、
また最初に降臨された地という場合もあり、
実はとても重要な場所なのに、
あまり注目されていません。

由井若宮もご多分に漏れず。
このマンガの中でも、登場人物達が
地元なのに知らなかった、
思ったより小さい、
知っていたけど参拝は初めて、
と感想をもらしています。

確かに、私も岡山移住前に一度参拝して
小さいな・・・と感じていました。
でも重要な場所なので、
ぜひ鎌倉に来る神社好きなツウの方には、
お参りしてほしいなあ~と願っていました。

そしたら、
「八幡様ってもとはここにあったんだ」
と描いてあって、
ううううううれしい~!!
作者の方、何かご存知なのか
それとも私の様に元宮に注目されていたのかしらん。



このマンガで紹介されたことをきっかけに
参拝者が増えたのなら超うれしいなー。

由井若宮は、アクセスがちょっと不便で
鎌倉駅からバス、
もしくは鎌倉駅から徒歩20分。
バス通りから、ちょっと入った住宅街の
一画にご鎮座しています。
私は20分も歩く(往復40分!)体力がなくて
バスに乗りました。



由井若宮(元八幡)

神奈川県鎌倉市材木座1-7


ご祭神

応神天皇様・比売神様・
神功皇后様