月と星と太陽

パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 パワーストーンなど癒しグッズや本の紹介。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

鳥取県

鳥取編その17 布勢平神社☆湧き水が豊か

平成の名水百選「布勢の清水」の 湧き水の流れは
背後の、布勢平(ふせひら)神社が
鎮座している山から あふれています。




この神社については、
残念ながらネットで資料や記事がほとんど  
見つけられませんでした。

白兎神社や、一の宮の宇部神社についてなら 
山ほど情報があるのにね~。 

ようやく見つけたのがこちら。
http://www.rs.tottori-u.ac.jp/ibaraki/mudaaruki/hokokusho-2010/2010-part1.pdf

やはり布勢平神社は、八幡様。
京都の石清水八幡宮から勧請したそうです。

もうひとつ見つけました!
silkroad1111様のブログおかしな世の中」より
布勢平神社  気高郡

鎮座地 気高郡逢坂村大字殿字下布勢平

祭神 誉田別命、倉稲魂命
由緒 創立年月詳らかならず、八幡社と称し社領五石を有せり、
明治元年当村字上稲荷鎮座稲荷神(祭神 倉稲魂命)を合祀し、布勢平神社と改称す、
爾来 鷲峯神社の摂社たり、
明治四年社領を官命によりて奉還す。

例祭日 4月15日  
建造物  本殿、拝殿
境内坪数 373坪
崇敬者戸数 58戸
http://asilka.blog61.fc2.com/blog-entry-1124.html

江戸時代までは八幡神社と呼ばれていたのが
明治時代に稲荷神社が 合祀されて
現在の布勢平神社と改称したのですね。

神社の境内周辺には、名水についての解説看板はあっても
神社についての情報は、ありませんでした。

地元の方でも わかっておられる方は
年配の方に限定されてくるのでは ないかしら。
(少なくとも横浜では年配の方は
神社の祭神まで関心がある方に
あまりお目にかかったことは ありません)






さあ、お宿に帰って朝ごはん♪

そしていよいよ
本家・分家が初めて一緒に
先祖供養です!!
 

 

鳥取編 その16平成の名水百選「布勢の清水」へ

鳥取旅行2日目の朝です。
横浜よりも、日の出が遅いなあと 感じました。
6時過ぎてもまだ暗い。
西日本だからか~。と納得。

朝食の前に、もう一度 温泉♪ 貸切でした。
まだ時間があったので 「朝飯前」にお散歩。
宿から車で10分くらいの

平成の名水百選「布勢の清水」へ♪ 

まさか こんなに近くに 湧き水の名所があるとは、
なんて ラッキー!!
はい、湧き水大好きなんです(^0^)



朝だからか、貸切でした。



布勢の清水は、 布勢平(ふせひら)神社
境内の岩の下から湧き出す清水。
山の中腹に、神社があります。
山が蓄えた水が、ろ過されて 山すそに湧いているのですね。
水の音。 その透明度の高い水を眺めて
マイナスイオンを浴びて 清々しい気持ちで 癒されました。

「鳥取県指定 因伯の名水  布勢の清水(気高町誌より)
この清水が何時頃から湧き出たのかわかっていませんが、
「八幡さんの清水とも呼ばれ、豊富な水量と良質清冷をもって近郷に広く知られており、
亀井武蔵守茲矩が「その清冷さ氷のごとき」と称賛し、傍らに涼亭を設けて納涼したと言われています。」

布勢の清水の案内板より


鳥取編その15・ご褒美は温泉とカニ三昧

さて 鳥取旅行、
いよいよ ご褒美タイムです♪
不思議な1日も そろそろ日が暮れようとしています。
本家の方と明日の約束をして、
今夜のお宿に向かいました。
鹿野温泉の国民宿舎山紫苑です。  
いきなりフォーク調の音楽が始まるのでご注意(笑)

ご先祖様のお墓と、 親戚が見つかったことに
ビールでかんぱ~い!!

地元の新鮮な食材の料理と カニを存分に 楽しみました!!
カニをたらふく食べて お腹がパンパンにふくらみ、
「く、苦しい・・・・・」 食後は部屋でごろごろ~。
しばらく動けませんでした。

カニで お腹がいっぱいになるとは
なんともゼイタクな(笑)

温泉も・・・湯~ったり楽しみました。
HPによると、 「鹿野温泉は弱アルカリ性で、
通称「おんな水」といわれるほど肌に非常にやさしく、
入浴後、肌にツヤツヤ感が得られる泉質」 だそうで、
なんとも気持ちイイ。

翌朝は、朝食前に またまた私のリクエストで
平成の名水百選「布勢の清水」に お散歩です♪
なんと お宿から 車でけっこう近いことがわかったので
おねだりしました。
まだまだ続きまーす。 
 

鳥取編その9白兎神社・御身洗池

月と星と太陽  -100207_1359~01.jpg

白兎神社参道右手にある御身洗池は

みたらしいけ

と読みます。


 

日照りや雨が続いても水位の増減がないということで、
「不増不減の池」とも 呼ばれているそうな。

この池で 白兎がワニザメに皮をむかれ、
さらに八十神(やそがみ)にだまされて塩水につかったため、
傷が痛み泣いているところへ 通りかかった大国主命に治療法を 教えてもらい
  体を洗ったという真水の池と いうことです。

社殿が建つ身干山は、 因幡の白兎が身を乾かした山と
言われています。

この御手洗池の反対側に

手水舎がありまして

「因幡の白兎」の歌が流れて

前回書いた 恥かき☆勝手にひとりライブ奉納
相成ったわけでございます(^^;)

最近 改めて白兎神社について ネットで調べてみたら
「鳥取のパワースポット」やら
「縁結び」やらで 2年前よりさらに話題になっているみたい。

神社がご開運されているのは うれしいです。
もちろん、有名ではあったのですが
もっと地味な印象だったんです。 あの時は。

団体さんだって、年配の方々だったし~。
私が参拝したのは 寅年だったのですが
その翌年 卯年には
卯乃年 因幡伯耆国 開運八社巡り
という すてきな企画があったんですね。
わ~残念! ・・・と思ったら 毎年あるんですね。

因幡伯耆國開運八社巡り

いつか参拝したい。

 

鳥取編その7・ついに鳥取へ!白兎神社への流れ

早朝、出発。
羽田から飛行機に乗り、
さあ、ついにやってきました。
鳥取県!

空港に着いたらさっそくレンタカーを借りて
目指すはご先祖様が眠るお寺のあるS町!
途中で、腹ごしらえです。

神話の里 白うさぎ
という道の駅にあるぎんりん亭
出発前からチェックしていたのです。
カニ、かに~♪
実はここからすぐの場所に 白兎神社があるのです。

この神社参拝が叶ったのは不思議な流れでした。
今回の鳥取行きは  あくまで観光ではなく、
夫の父方のご先祖様のお墓を探しにいく
という大事な目的。
出発前に、この神社を地図で見つけた私が、
いくらルートの途中とはいえ
この神社を参拝したいとおねだりするのは
気がひけて言えなかったのです。

ところが!!
夫が「ランチはここでとろうと思うんだけど」と
提案してきた場所が
「道の駅」 神話の里 白うさぎ・・?

うわ!! 白兎神社のそば!!
ネットでチェックしたら、 駐車場の敷地に白兎神社の鳥居が
あるではあ~りませんか!

月と星と太陽  -100207_1356~01.jpg


もうこれは参拝OK!のサインじゃ~!!
というわけで、 夫に参拝OKをもらった次第。

二階のお店の窓際の席から
打ち寄せる荒波がいかにもな日本海を眺めながら
(この日は風が強かった)
やっぱり見慣れた太平洋とは雰囲気が違うねえ、
などと話しつつ
おいしい海鮮ランチをいただいて
その後、白兎神社に参拝しました。 (続く)
 

ギャラリー
  • 四神相応
  • 四神相応
  • 四神相応
  • 四神相応
  • 石上布都御魂神社
  • 6月3日夕方の空
  • 鷲羽山展望台より、瀬戸内海
  • 久須美大師堂(大宝寺・管理)
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
カテゴリー
メッセージ

名前
メール
本文
今日のボトル
HMCA オーラソーマ 今日のボトルのメッセージ
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村