月と星と太陽

産土神社とあなたのご縁結び。パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

榛名神社に導かれ☆2006

榛名神社に導かれてその6水澤寺

さて榛名神社に別れを告げ、 今度は 車で水澤寺へ向かいます。 参詣の前に、水澤寺門前のお店で腹ごしらえです。 水澤寺のまわりを 「名物 水沢うどん」のお店が囲んでいました。 その中の一軒に入って、うどんをいただくことに。 コシがあっておいしかったっす。 それから、水澤寺の駐車場へ。 水澤寺もパワースポットと 本に紹介されていますが 榛名神社とは、また違った雰囲気でした。 五徳山 水澤観世音/水澤寺  公式ウェブサイト http://www.mizusawakannon.or.jp/index.php ここには、涌き水があるのでぬかりなく、 石たちと、お水を入れるペットボトルを持って行って お水とり&石の浄化を♪ 日曜日だったこともあり、 水澤寺は観光客で、かなりにぎわっていました。 観光バスが乗りつけて、どんどん人がやってきます。 榛名神社は参拝客が参拝に来ていたという印象で、 静かだったのですが こちらでは、温泉帰りの団体旅行客がメイン。 元気なオバサン達がいっぱい。 かなりにぎやかでわさわさした雰囲気で 参詣というより観光客。 夫はこの雰囲気には弱く、 早々に駐車場に引き上げてしまいました(^^;) 夫が言うには 「高幡不動」(都内)に雰囲気が似ているそうな。 帰りにまだ長いドライブをするため ドライバーとしての休憩も かねていたようですが。 おかげで 私はひとりでゆっくり回れて よかったです。 坂東三十三観音霊場十六番札所 五徳山 「水 澤 寺 」 ご本尊は本尊…十一面千手観世音菩薩(秘仏だそう) 水沢観音の名で親しまれる天台宗の名刹。 (私と夫が一緒に出かけるお寺は、 なぜか天台宗多し。) 平安時代に推古天皇の勅願による開基で、 現在の本堂は、元禄時代の建立。 本堂右手の六角堂は地蔵尊信仰を代表する建物で、 等身大の回転する六体の地蔵尊を廻して開運を願う。 駐車場横の釈迦堂には釈迦三尊、円空仏等の寺宝が安置される。 私も六角堂で、回転するお地蔵様を 回してきました~ そして 龍王辨財天でお水とり♪。 弁財天さんは、なにかとご縁があり、大好きな女神さまです。 十二支の守り本尊(夫と私は虚空蔵菩薩)もありました。 階段を上ったお堂は飯縄大権現(いいづなだいごんげん)で 不動明王がまつられていました。 お不動様も大好きです! 無事参拝を負えて、帰途に着きました。 帰り道の車の中で、榛名神社の見所を 出発前に教えてくださったヒーラーさんに、 メールでホテルの夫婦岩の絵のことを報告したら 「見事に御夫婦で伊勢に呼ばれていますね」と。 あ、やっぱりそうだよね?(^^;) そうして一泊二日の旅行は終わり。 はじめから終わりまで、「水」がキーワードの旅でした。  応援クリックありがとうございます。       ↓ にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

榛名神社に導かれてその5水神楽(みずかぐら)

榛名神社で参拝を済ませ、 参道を歩いていたら、 さっきの水琴窟のおじさんが、参道に立っていて 私達にうれしそうに話しかけてきました。 「ああ~。やっときたね。 あんた達を待っていたんだよ。 ここの人に聞いて、水琴窟を見つけたんだよ。 そしたらまだ準備中だって言われてね。 見せてもらったら、ちゃんともう音は聞こえるんだ。 だから、あんたらにぜひ聞かせたいと思ってさ。」 と言っておじさんがブルーシートをめくったら 水琴窟が出てきました!!! まだ、準備中で工事が終わっていない場所に 水琴窟はありました。 わ~い(>▽<)!! ということで、水琴窟の音を聞かせていただきました。 水が専用の甕の底にポチャン・・ポチャン・・ピチャン♪と 落ちていく・・・不思議な、癒される音。 風鈴のような、揺らぎを感じました。 なんでこの時、水琴窟の写真を撮らなかったのか・・・! 一生の不覚・・・(>_<) ともあれ、おじさん、ありがとう。 まさか今日、音を聞けるとは思っていませんでした。 聴きたいな~と思ったら さっそく願いが叶ってラッキー。 その水琴窟、 水神楽(みずかぐら)と 紹介されています。 http://harunavi.jp/modules/guidemap/index.php?lid=249&cid=8 水琴窟利用期間を見たら 通年の3月20日~1月7日 って書いてある(^^;) 私たちが榛名神社を参拝したのは2月。 寒くて凍ってしまうのかな? 改めて、聴くことができてラッキー!!だったと思います。 滝・川・そして水琴窟 やっぱり水にご縁の榛名神社でした。 榛名神社は この本にも パワースポットとして紹介されています。
voice style vol.2 パワースポット 神社voice style vol.2 パワースポット 神社
(2006/11/20)
voice style 編集部

商品詳細を見る
夫も榛名神社の霊気と、おいしい川の水と、 思いがけない水琴窟との出会いに とっても満足げ。 またぜひ参拝したいです。 今度はぜひ、川が凍っていない時期に(^^;) さあ、次は私のリクエストで 水澤寺へ! 1日1回、応援クリックありがとうございます! にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

榛名神社へ導かれてその4水琴窟・天狗・雨乞い・水

旅行2日目。 早朝、朝飯前にお宿の庭を散策。 っていうかちょっぴり山登り(笑) チェックアウト前に 「水天宮の名水」という このホテルの敷地から湧いている水で淹れたコーヒーを味わいました。 ホテルをチェックアウト後は、 さっそく車で榛名神社へ向かいました。 神社入り口近くの駐車場に車を止めて、 細長い参道を歩いていきます。 けっこう神社は奥にあります。 地図 http://haruna.surasura.info/ 参道の途中には 七福神の像がありました。 2月の榛名神社は、 かなり冷え込んでいて風が冷たかったです。 でも、夫は参道からすっかり 榛名神社の雰囲気が気に入ったようで ごきげんでした。 なんというか、清浄なんですよ。 寒い上にぴりっとした清冽な神聖な空気に 身が引き締まります。 (二重の意味でね。笑) 南足柄の最乗寺といい、 どうも夫は 修験道の山がお好き(笑) さて、この日の榛名神社は かなり冷え込みが厳しいためか、 参拝の人は、ちらほら・・・でした。 途中で、数人の人とすれ違いました。 ・・・と、すれ違いざま、 一人で歩いていたおじさんが私達に話しかけてきました。 「あんたら、「すいきんくつ」って知ってるかね?」       すいきんくつ?? 二人とも初めて聞いた言葉だったので、 きょとんとしていたら、 おじさんはさっと新聞の切抜きを出して、 「俺は、この記事を見て榛名神社に「水琴窟」があるって知って 仕事の為に、沼田市から見に来たんだけどね。 ここにあるはずなんだけど、見つからなくて。」 さらにおじさん、名刺を差し出しました。 「こういう仕事をしているんだよ。 よかったらあんたらも作りたくなったら、連絡くれれば 説明に行くから。」 ここから遠い横浜で、 しかも庭のない箱(団地)に住んでいる私達には 残念ながら・・・(^▽^;) おじさんの名刺には、 「庭で音を楽しみませんか?」 と書いてある。 個人の庭に水琴窟を作ったり、造園したりするのがお仕事らしい。 あら・・・おじさん、私と名前の1文字がいっしょだあ!(@@) 男の人で同じ字の人は、なかなかいないよ~。 ちょっとしたシンクロ(笑) これは2012年の今、書いていて気づいたんだけど いったい何年ぶりの気づきじゃ(^^;) 沼田市って・・・この榛名神社もそうだけれど 沼田市も修験道の  天狗で有名なお寺がありますね。 迦葉山龍華院弥勒寺 そして、沼田市にも榛名神社があったんですね~ さらに榛名神社もおおみそかに 天狗まつりという行事があるんですね~ (2012年3月20日のたった今、知りました(^▽^;) 参考サイト http://haruna.surasura.info/ 旅行から6年後の今になって思うのですが、 私たち夫婦の キーワード「修験道」「天狗」で そのことから いろいろ繋がっていたんですね~。 さて、話を戻しまして 私達が水琴窟を知らないとわかると、 おじさんは 「それじゃあ」 と早足で参道を本殿の方角へ行ってしまいました。 ・・・・私と夫になぜその人は話しかけてきたのでしょう。 普段着みたいなラフなかっこうの二人を地元の参拝客だと 思ったのかしらん。 たまたま誰かに話そうとしていたところへ ちょうど私たちが通りかかったのかな。 まあ、いいや。 「水琴窟」とは 鉢前水門の下に底に小さな穴を開けた甕を伏せて埋めるという構造と、 手を洗った水が穴から水滴となって甕底に溜まった水面に落ち、 甕中で反響するその音色が琴に似ていることから、 江戸時代の粋人達や庭師から「水琴窟」と呼称されたようです。 (日本水琴窟フォーラムより)
水琴窟の話―水滴(シークレットサウンズ)の余情を庭に楽しむ (ガーデンライブラリー)水琴窟の話―水滴(シークレットサウンズ)の余情を庭に楽しむ (ガーデンライブラリー)
(1990/08)
龍居庭園研究所

商品詳細を見る
水の落ちた音が琴のような響きって どんな音かしら。 いいな~私も聞いてみたいなあ。 と思いました。 私達はのんびりペースで参道を歩いて行きました。 参道の脇に清流が流れていて、 その音がなんとも心地よいのです。 癒されます。 マイナスイオンたっぷりです。 さすがパワースポットと言われるだけある! まだ参道を歩いているだけで 本殿は見えてもいないのに 私たちはすっかり榛名神社に魅了されてしまったのでした。 しかし、山の中の2月中旬で・・・ 寒い~。冷える。 先ほども書きましたが 空気が澄んでいて、冷たくて身も心も引きしまるんです。 なんと、山側の川が凍っていました!~。ひ~。 流れる川がそのままのカタチで うねりを描いたまま凍るなんて、 初めて見ました。 有名な「矢立ての杉」の写真を撮って 本殿で参拝を済ませて、おみくじをひいて(大吉!) お守りを家族のためと自分のために あれこれ楽しく迷ってから 受けました。 本殿の周辺は、とても気持ち良かったです。 ただ、あまりの冷え込みに、 お手水が凍っていたのには閉口しました。 お清めができない~(泣) 真冬の参拝には、ペットボトルの水持参必須!! <<榛名神社の御祭神>> 火産霊神(ほむすびのかみ)火の神 埴山毘売神(はにやまひめのかみ)・土の神 を主祭神として、明治以降 大山祇神(おおやまずみのかみ) 日本全国の山を管理する総責任者 御沼神(みぬまのおかみのかみ) 大物主神(おおものぬしのかみ) 三輪山の神。大国主神の奇魂幸魂。 木花咲耶姫神(このはなさくやひめのかみ)富士山の神様。 を合祀しています。 火の神、土の神を祭っていますが 雨乞いもやっていたらしいです。 水琴窟といい、雨乞いといい やはり昨日から 旅のキーワードは「水」なのでした。 本殿の前は気持ちいいので もっとゆっくりしていたかったんですが・・・・。 連れは 神社の参拝には あまり興味のないクリスチャンの夫です。 さっさと本殿にお参りしたら、 「もう帰ろうモード」になって 出口付近で待機してる(^^;) 私は、参拝がすんでからも、 そのあたりをうろうろしたいのに~(泣) ちょっとだけねばって あきらめました。 ともあれ、夫は 榛名神社のご神気、 山の霊気は心地よく感じてずっとご機嫌でした。 すかさず「伊勢神宮も、こういう感じで気持ちいいよ~」と アピールする私(笑)    ↑ 実は私もまだこの時点では参拝したことないんですけど(^^;) そうこの榛名神社のすばらしいご神気が 昨日書いてた WILDカード 夫がこのご神気に魅了されたおかげで、 お伊勢参拝が実現したのだから 今回の旅行は、 ほんとうにお導きとしか言いようがないです。 この先、いろいろな神社へ夫を誘うことになるのですが 榛名神社のいいイメージが夫に定着したので とても楽になりました(^^)v 帰り道は 参道脇を流れる清流のそばまで行って、 お水をちょっと味わい、川沿いの道も歩き、 参道に戻り車に向かいます・・・・。 参道に戻ってまもなく、さっきの水琴窟のおじさんが 参道に立っていました。 そして私達にまた話しかけてきたんです。 「あんた達を待っていたんだよ」と。 ????? おじさんはなぜ私たちを待っていたのか? それは次回に! 応援クリックお願いします。    ↓ にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

榛名神社へ導かれてその3夫婦岩の絵の部屋に導かれた!

群馬県伊香保温泉のお宿の部屋に飾ってあったのは、 なぜか三重県、伊勢二見浦の夫婦岩の絵。 夫婦岩の絵 どどどどど~して ここにこの絵があるの!?(@@) ここは、群馬県だよ~!! 夫婦岩は 三重県でしょ~ 夫婦岩と言えば、二見浦。 伊勢神宮参拝前に、ここに立ち寄り お清めをしてから参拝するというのが 正式な参拝コースなのだと、 ちょうど この旅に行く前に ネットでその情報を仕入れていたんです。 夫婦岩は伊勢神宮からは、 電車でちょっと行った二見浦にある。 夫婦岩のそばには二見興玉神社があり、 道開きの猿田彦大神(さるたひこのおおかみ))が御祭神。 (他に宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ) ・綿津見大神(わたつみのおおかみ)竜宮社) 伊勢神宮に行く時は、 私もぜひこのコースにしよう!と 思ってました。 実は・・・・私はひそかに(夫に内緒でへそくりで^^;)  一人で行きたいと思っていたんです。 だから、この話はもちろん 夫は知らないので 私がパニクってるのを不思議そうに見ていました。 あああ~もう ナイショで行こうと思っていたのに~ こんなに私が取り乱してしまっては 話さないわけにはいかないではないか! 気が動転した私は、夫に伊勢行きの話を 話してしまいました。 もうヤケだ(笑) 「いいところだから、一緒に行こうよ~」 勢いで誘ってみました。 さらにヤケの上塗り(爆) そうしたら、予想外に脈あり♪ 「考えてみる」 とのお返事でした。 ・・・・・・だけど・・・まてよ。 これと同じ絵が、各部屋に飾ってあるのかも。 わはは。 それなら、別にそんなに驚かなくても。 と、気を取り直しました。 ・・・・・翌日チェックアウトの時に、 となりの部屋の掃除に来ていた 従業員の方に聞いたら。    「各部屋、全て違う絵ですよ。」 ひょえ~!!!!!!!!!! 自分の目でも確かめたくて こっそり、すでにチェックアウトして ドアが開いていた部屋をのぞいたら、 確かにぜんぜん違う絵でした。 風景画じゃなくて、版画だったり静物画だったり。 さすがの夫もこれには驚いてました。 そしてこの出来事が「UNO!」となったのでした。 (ちなみにWILDカードは、「榛名神社」) わけのわからんことを言ってますな^^; やはり、これは私へのではなくて   私達夫婦へのメッセージ!! ・・・・伊勢へはひとりでこっそり、 と思っていたのだが 呼ばれているのは私だけではなかったんですな。 夫もいっしょに呼ばれていたのでした。 実際、その年の6月に この旅行から4ヵ月後に、 夫婦で一泊二日の伊勢旅行が実現したのですが、 車の運転できる夫と一緒でなければ、 (私ひとりなら電車とバスで) 行くのがかなり厳しい場所にも 行くことができたのでした。 それは・・・椿大神社(つばきおおかみやしろ)  夫は猿田彦、 私はアメノウズメノミコトに 呼ばれたのかなあ・・。 まだまだ不思議な話が 出てきます! にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

榛名神社へ導かれてその2伊香保温泉へ

伊香保温泉?! まさかまさか、打ち合わせまったくなしで、 夫婦で同じ温泉に行こうと 考えていたなんてびっくり!! 私が伊香保温泉がいいな~♪と思ったのは、 パワースポットである 榛名神社と水澤寺の近くだったから。 もちろんどちらもまだ行ったことがないのです。 1箇所に泊って、2箇所のパワスポ巡りができるとは、 なんともオイシイ♪ しかも、伊香保温泉は、 そのとき、私と夫にとって吉方位だったんです!!! それで、私は断然、伊香保温泉がいいな~と。 夫は夫で、冷静に状況を分析してました。 予約する日はちょうど連休で 小さい温泉は宿が少ないから満室になってしまったが、 伊香保温泉はかなり規模が大きいので、 全ての宿が満室になることはそうないだろうし、 老人ホームからもそんなに遠くない、と。 そういうわけで、 それぞれの理由で提案した温泉が まったく同じ。 クリスチャンである夫に、神社は抵抗がある? ってちょっと心配したけれど、 旅行風水の本を見せて、 ここにパワースポットとして載っているんだよ~と言ったら あっさりOKしてくれました。 (どうやら積極的に反対する理由がなかったらしい^^;) めでたく伊香保温泉に決まり! とにかくもう榛名神社に呼ばれているとしか 思えないような、始めからスムーズな流れ。 さっそく伊香保温泉の宿をネットで調べて、 二人ともここがいいと 思った宿を見つけて予約完了しました。 お宿の決め手は「湧き水」 (湧き水大好き夫婦なの) 決めたお宿晴観荘ホテルの敷地内にさんぽ道(ちょっとした山)があって、 「水天宮の名水」という湧き水がある。 その湧き水は ホテルの料理やコーヒーにも使われているということで 期待大! (私達が行った時期には泉は枯れていて、 直接さわることはできなかったけど) 奥の山からしっかり涌き出ているらしい。 露天風呂があって、景色がよくて、 お料理も期待できるかなと。 (実際は ☆3つか4つ) さて、いよいよ出発 当日。 伯父さんのところへ、無事に予定通りに着いて、 新しい環境にまだなじめずにいるおじさんの話を 時間が許す限り聞いて、荷物の整理を手伝いました。 これも日帰りだったら 時間の制約があって 短時間で切り上げなければならないところだけど、 今夜は 泊まりだい♪ 夕方になり、おじさんに別れを告げて, 金色の夕日の道を 車で伊香保温泉へ向かいました。 アマテラス様が、美しい~と 群馬の夕暮れを味わっているうちに 伊香保温泉の宿に到着~!。 おいしい食事をいただき、 温泉に入り、リラックスした私達。 二人きりの旅行は、新婚旅行以来で 何年ぶりかだったので、 ああ、やっぱり来てよかったな~としみじみ。 今までは子育て優先で、 夫婦のことはおろそかになっていたなあと、 家を離れて旅行してみて実感しました。 こういう時間って、 家を離れることって 夫婦には大事なことだったんだ。 リラックスして、 ようやく部屋に 絵が飾ってあることに気がつきました。 その絵を見て私は ええええええ~!!!(@@) と叫んでしまいました。 イエ決してダジャレのつもりではなく ほんとーに。 (続く) 応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

榛名神社に導かれてその1降って湧いた温泉旅行

新シリーズです。 と言ってもやはり過去の記録。 2006年2月の出来事です。 榛名神社へ、そして伊勢へ 夫婦で導かれた・・・不思議な旅でした。 2006年2月の初めに、 私の伯父が、老人ホームを終の棲家として転居しました。 一年前に妻を看取り、子どもがいない一人暮らしの 伯父は80代。 今まで自宅があった前橋から 同じ群馬県内太田市への引越しではあるが、 横浜に住む私にしてみると路線が変わり、 より遠くなったような・・・。 ネットでその老人ホームの場所を調べながら、夫に 「おじさん、前より遠くなっちゃったよ~(T_T)。 これじゃ訪ねるのも1日がかりだよう」 と言ったら、 「それじゃあ、車で連れていってあげるよ」と。 「え~ほんと?」 「ただし、2連休の休みがとれたらね」 「うん、よろしくね。」 夫の好意に感謝しつつ、 正直それをまったくあてにしていなかったんです(爆) おそらく、夫も約束しつつ、 いつのことやらと思っていたに違いない。 (夫は動物うらないで「たぬき」 返事だけはいいが、あとは忘れてることがある) それに夫の仕事柄、 2連休というのは1年でほんの数回しかとれない。  それも、いったいいつとれるのかもまったくわからない。 言っている本人も、言われた私も それをお互いに承知の上での いつになるのかわからない 遠い先の話のはず・・・・でした。 が、その2日後。 夫が帰宅するなり 「今月、出勤日が変更になって 調整の為に3連休になったよ。」   マジ?!(@@) !!!!!!!!!!!!!! すでに決まっていた出勤日が、 自分の都合でないのに ごっそり変更になったことだけでも    ありえない!! しかも3連休・・・。 3連休は、1年に1回あるかないか!! というくらい我が家では珍しい状況。 (お盆も正月も、通常モードでお仕事です) ありえないことがいっぺんに2つもおきて、 いきなり叔父が引っ越してから2週間後くらいに 叔父のところへ行けることになったのでした。 さっそく伯父に電話♪ 「仕事の休みがとれたから、行くよ~」って言ったら 叔父はとても喜んでくれました。そして 「もし良かったら・・近くに温泉があるんだよ。 日帰りじゃきついだろ? ゆっくり泊っていけばどうだい? 宿代はこっちで出すからさ。」 と奨めてくれました。 3連休だから日程の余裕はあります。 せっかくだから、 その温泉に1泊して帰ろうか♪夫と意見が一致。 そのほうが伯父ともゆっくり話せるし そうと決まればさっそくネットで調べて予約だ~。 ・・・・・れ? ちょうどそれはたまたま土曜日だったので・・・ お目当ての伯父の近くの温泉宿が満室。 あらら~。 小さい温泉街で、他の宿も満室。 うーん・・・それじゃ他の温泉にしよう! どこにしようか? その日はそれで時間切れ。 次の日。私は考えました。 パワースポットである榛名神社の近くの 伊香保温泉がいい!! 風水で見たら,方角もいいし♪ そのとき参考にした本 (2011年に改訂版が出てますね)
改訂3版 絶対、運が良くなる旅行風水改訂3版 絶対、運が良くなる旅行風水
(2011/09/30)
李家幽竹

商品詳細を見る
なんて考えながら ルンルン気分で買い物から帰ってきたら、 夫が言いました。 「伊香保温泉ってどうかな?」 な、なに~?!(@@) 応援クリックありがとうございます! いつも励みになってます。 にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村
ギャラリー
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • 歩きスマホでピンチ!のピクトさん
  • 新月のエネルギー爽やか
  • 岡山県井原市の嫁いらず観音院
  • 岡山県井原市の嫁いらず観音院
  • 岡山県井原市の嫁いらず観音院
  • 岡山県井原市の嫁いらず観音院
  • 産土神社参拝後、パフェがお約束♪
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村