神奈川県(横浜・川崎以外)

2018年04月13日

吉田秋生の「恋と巡礼」鎌倉☆由井若宮

お気に入りのコミックのひとつ、
鎌倉が舞台の、『海街diary』のシリーズ。

特に8巻「恋と巡礼」は、
主人公すずのお姉さんチカが、
ヒマラヤ登山に向かう恋人の無事を願掛けするために
地元鎌倉の神社仏閣を巡礼するお話がメインで、
鎌倉に実在する神社仏閣(八か所)を巡礼しています。

巻末に、主人公たちが巡礼した
神社仏閣を紹介した『鎌倉パワスポめぐり』が
見開き1ページあり。

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)
吉田 秋生
小学館
2017-04-10



  ↑
表紙は甘縄神明宮の参道階段。


鶴岡八幡宮(相模国一の宮)
荏柄天神社
宝戒寺(ほうかいじ)
鎌倉宮
大巧寺(だいぎょうじ)(安産)
八雲神社(厄除け)
由井若宮(元八幡)
甘縄神明宮(長谷の氏神様)



とってもうれしかったのは、
由井若宮(元八幡)がその一つに入っていて、
しかもお話の中で、何度も出てくる重要な場所に
なっていたこと。

ご存知でしたか?
鶴岡八幡宮は、もともとこの由井若宮の地に
あったのです。

平安時代1063年(康平6年)8月に、
源義家公が前九年の役の勝利に感謝して
源氏の氏神だった京都の
石清水八幡宮を勧請して
創建されました。

その後
1180年(治承4年)10月、
鎌倉に入った
源頼朝が由比若宮を小林郷北山に遷座し、
現在の
鶴岡八幡宮を造営しました。

元宮というのは、
神様が最初に祭られた聖なる地、
また最初に降臨された地という場合もあり、
実はとても重要な場所なのに、
あまり注目されていません。

由井若宮もご多分に漏れず。
このマンガの中でも、登場人物達が
地元なのに知らなかった、
思ったより小さい、
知っていたけど参拝は初めて、
と感想をもらしています。

確かに、私も岡山移住前に一度参拝して
小さいな・・・と感じていました。
でも重要な場所なので、
ぜひ鎌倉に来る神社好きなツウの方には、
お参りしてほしいなあ~と願っていました。

そしたら、
「八幡様ってもとはここにあったんだ」
と描いてあって、
ううううううれしい~!!
作者の方、何かご存知なのか
それとも私の様に元宮に注目されていたのかしらん。



このマンガで紹介されたことをきっかけに
参拝者が増えたのなら超うれしいなー。

由井若宮は、アクセスがちょっと不便で
鎌倉駅からバス、
もしくは鎌倉駅から徒歩20分。
バス通りから、ちょっと入った住宅街の
一画にご鎮座しています。
私は20分も歩く(往復40分!)体力がなくて
バスに乗りました。



由井若宮(元八幡)

神奈川県鎌倉市材木座1-7


ご祭神

応神天皇様・比売神様・
神功皇后様




mayuki0411 at 10:32|Permalink

2017年12月29日

浄楽寺(神奈川県横須賀市)の運慶作仏像

運慶の仏像は、全国に20体も現存しないのに、
そのうち5体が神奈川県横須賀市の
浄楽寺にあるというのです。

今年秋の
運慶展でも公開されてました。

お寺での一般公開は

年に2回、3月3日の『春の仏像特別公開」と
10月19日の「秋の仏像特別公開」。

その他では、1週間以上前の御予約、
時間指定で申し込みできるそうです。


アクセス 
JR逗子駅バスターミナル2番乗り場から
「長井」行きなどのバスに乗り、
バス停「浄楽寺」下車。


mayuki0411 at 08:45|Permalink

2015年06月23日

夏至の日にレイラインを感じに相模国一の宮、寒川神社へ

5月1日から始まった
オーラソーマ 32番 ソフィアのボトル
のカラーの
シンクロっぷりが半端なかったことを
書く前に、昨日のこと。

昨日は、夏至だったんですよね~
それで、やることは山ほどてんこ盛り(--;)なんだけど、
この「夏至」という一年に一回しかない日に
家に閉じこもって 、いつもと同じように過ごす・・・というのが
なんだかモッタイナイナーと思いまして☆

午前中に、優先順位の高い用事から済ませて 
午後は神社の参拝をしました。

最初に、息子夫婦ふたりの自宅の鎮守神社である
大和市泉の森に隣接する熊野神社へ。
息子とお嫁さんの鎮守の大神様に
ずっとご挨拶したかったのですが、
なんだかんだで延期になっていました。

いつ行くの?
今日でしょ!

お天気は曇りのようで、時々薄日が差してくれたおかげで、
暑くて焼ける~という思いをせずに
道中たっぷりと日拝(太陽を拝む)ことができました。
(大和駅から徒歩15分ほど歩きました)

そして、ふたりの鎮守の大神様に
ようやく、ご開運をお祈りしてご挨拶できました。

その後、八方除けで有名な相模国の一の宮、寒川神社へ。

なぜ、夏至の日に寒川神社へ参拝したかったのかというと、
「寒川レイライン」をこの目で確認したかったのです。

八雲さんというヒーラーさんのHPに詳細があります。

寒川レイライン

こちらを拝見して、寒川神社で日没を見たいなあ~と。
昨日の天気は薄く晴れたかと思うとまた曇ってきたりと、
日没見えるかどうかなあと心配したのですが
ちゃんとお日様が見えました!

宮山神社の社殿の背後や
大山の近くに日が落ちていくところが
ばっちり(^^)v
神社の池にも金色に日没の太陽の光がキラキラ映って
とてもきれいでした。
しばらくそこでぼ~っと過ごしました。

というわけで、夏至の日の午後は
人生でここまで感じたことないんじゃないかと思うほど(大げさ)
たっぷりと!日拝をして太陽の光を堪能しました。

写真はいずれ、また、いつか、後ほど。

スマホになってから、
アプリを入れないと出先から
画像付きのブログ更新ができなくなってしまって、
かえって不便を感じています(--;)



にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
にほんブログ村

mayuki0411 at 11:13|PermalinkComments(0)

2012年10月31日

江島(えのしま)神社の御塩守


心身を清め浄化の力がある お塩が入っているお守り。

mayuki0411 at 09:49|Permalink

2012年08月05日

稲村ヶ崎その2

産土様との縁結び-DSC_0124.JPG
カメラには映ってないけど 富士山も見えました♪

mayuki0411 at 18:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

稲村ヶ崎の夕暮れ

産土様との縁結び-DSC_0118.JPG
神奈川県 稲村ガ崎で。

mayuki0411 at 17:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年04月09日

つくし尽くし(笑)

開運縁結び☆ももウメ桜   -120408_1137~01.jpg
たくさんのつくしが 小川に沿ってずっと群生しているのを、 私も夫も初めてみました。 (場所は神奈川県のどこかです、内緒)

mayuki0411 at 17:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年03月27日

相模薬師、本日よりご開帳

月と星と太陽  -100327_1254~01.jpg

本日より4月4日まで、

神奈川県の 二宮町・大磯町・平塚市・秦野市・伊勢原市の二十一ヶ寺で 薬師如来様のご開帳。

とら薬師といって 十二年に一度、 とら年のみのご開帳です。 第一番は 二宮町の等覚院藤巻寺。



mayuki0411 at 17:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

相模薬師、本日よりご開帳

月と星と太陽  -100327_1254~01.jpg

本日より4月4日まで、

神奈川県の 二宮町・大磯町・平塚市・秦野市・伊勢原市の二十一ヶ寺で 薬師如来様のご開帳。

とら薬師といって 十二年に一度、 とら年のみのご開帳です。 第一番は 二宮町の等覚院藤巻寺。



mayuki0411 at 17:02|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

2009年09月08日

南足柄の大雄山最乗寺

神奈川県南足柄市にある大雄山最乗寺は、 曹洞宗のお寺です。

私と夫のお気に入りの パワーチャージの場所^^

月と星と太陽-090908_0851~02.jpg
こちらは、その名も「洗心の滝」

滝の音を聴き 流れをぼんやりと見つめ そこに立っているだけで 心が洗われます。

公式HP http://www.daiyuuzan.or.jp/index.html 1日1回、応援クリックありがとうございます! にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村

mayuki0411 at 13:50|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年04月21日

三浦三十三観音霊場めぐり

三浦三十三観音霊場めぐりを始めました。 4月18日から、1ヶ月の限定でのご開帳です。 神奈川県の三浦半島までは、 同じ神奈川県でも 横浜の北のはずれにある ほとんど町田の我が家からは バス・電車を乗り継いで 1時間半~2時間かかります。 昨年の地元横浜での 旧小机領三十三観音を巡礼した時に比べると、 ちょっとした旅行気分の距離です。 正直日帰りはきつい…(-o-;) 今日は、お寺を何ヶ所訪ねることができるでしょうか。

5月18日まで6年に一度のご開帳です。

今年は丑年の中開帳。

観音様の慈悲の心がひたひたと伝わってきて

涙したお寺もありました。



mayuki0411 at 19:02|PermalinkComments(2)TrackBack(0)