月と星と太陽~うぶすな神社とあなたのご縁結び

産土神社リサーチ、パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 オリジナルセッション「麻由紀マンダラ」 (カードリーディング・イメージワーク・音霊による浄化、他) アクセスバーズ 「オーシャン・エンジェルズ」イルカさんクジラさんのエネルギー伝授とヒーリング

~旅行大好き・神社仏閣巡り大好きな麻由紀のブログへようこそ~
あなたを応援してくださる神様がおられる神社をお調べして、
開運する祈り詞や参拝のコツをお伝えしています。

生まれた土地の神社・・・産土(うぶすな)神社
現在お住まいの土地・・・自宅の鎮守神社
お仕事の守護をしてくださる・・・職場の鎮守神社

岡山県

11月のとある小春日和の日に、
岡山神社へ参拝しました。
私が初めて岡山旅行に来た時に
泊まった翌日、朝の散歩で偶然見つけた神社です。

・・・そう思ってましたが、今思えば
導かれたのですね。

岡山へ移住してから、
私の仕事に関する鎮守神社になって
くださっています。
また、お客様の産土神社だったり
鎮守神社であったりと、やはりご縁を感じます。

IMG_20181127岡山神社



参拝したのが11月だったので、七五三。
↓手に桃を持っているのが、いかにも岡山らしいです。

IMG_20181127岡山神社七五三

こちらのコーナーは季節によって
行事によって変わります。
お正月には、その年の十二支など。


さて、境内に入るとちょうど
七五三ご祈祷の親子連れが、
車から降りたところでした。

神様が降りていらっしゃる時に
参拝というタイミング^^
これも、歓迎のしるしのひとつです。



いつもは見たことがないオブジェが
ありました。
手水舎から見ると、こんな感じです。

IMG_20181127岡山神社2

説明。
「木製格子が交差する
ハーフミラー」
ダン・グラハム氏の作品



IMG_20181127岡山神社展示物説明



新美南吉先生の『良寛物語 手毬と鉢の子』は、
良寛さんのお話です。

良寛さんについては、小学校中学年の時に
子供向けの伝記ものを読んだだけ。

その後、追加の知識がほとんど上書きされることなく、
今日まで来ました。


良寛物語 手毬と鉢の子
新美南吉
中日新聞社
2013-07-03



なんと良寛さん、
岡山のお寺でも修行していたんですね。
まさかのつながりに驚きました。

良寛さんは新潟県出身で、亡くなったのも新潟県ですが、
長年修行したのは、
岡山県倉敷市の円通寺だったのです。
知らなかったわー(@@)

備中国(岡山県)玉島 円通寺(曹洞宗)
 国仙和尚の元で。

備中良寛さんこころの寺めぐり 
 円通寺を中心に5ヶ寺で、すべて、曹洞宗です。

1番、円通寺 倉敷市 
2番、長連寺 倉敷市 
3番、洞松寺 矢掛町 
4番、大通寺 矢掛町 
5番、長川寺 浅口市

私の父方・母方ともに菩提寺が曹洞宗なので
ご縁を感じてしまいます。
車を持っていない私には、
それぞれのお寺に参詣するのは
なかなかアクセスが厳しいでしょうが、
いつかお詣りできたらいいな。

そういえば、知人がこの春
良寛さんの故郷に旅行すると言ってましたっけ。

私がたまたまこの本を借りたころに聞いた話で、
良寛さんシンクロでした。

『病気を癒す小さな神々』

東北~九州までの病気を癒す神仏が
祭られている神社仏閣を紹介している本です。

この本に掲載されていた
岡山県の神社仏閣は、
嫁いらず観音(井原市)と
足王神社(赤磐市)でした。

病気を癒す小さな神々
立川 昭二
平凡社
1993-05




足王神社(赤磐市和田)

ご祭神 

大国主之命様、
手名椎之命(てなづち)様、
足名椎之命(あしなづち)


足のけが、病気に霊験あらたかと評判の神社だそうです。
ん・・・・?
ということは、膝が痛い私は
ぜひぜひ参拝に行きたい!!

図書館で予約して借りた本と、
偶然目について借りた本と、
繋がった。

さらに参拝した神社で、
予約した本に出ていた人物の名前を見つけた~!

メモなんで読みにくくて悪しからず


予約していた本

岡山藩物語 「吉備の風に吹かれて」
あさのあつこ

短編集。

「石工たちの空」が吉備津彦神社につながり、

「海神の妻」は、沖田神社の話。




ふと目について借りた本





参拝したのは吉備津彦神社

ここには大阪の河内屋治兵衛という
石工が。



今年3回目の鷲羽山展望台へ
行ってきました。

3回とも初めての方を
ご案内しています。

鷲羽山からの展望は
かつては岡山でベスト3の名所に
なっていたようですが、
残念ながら今は他に
取られているようです。

しかし!私の中では
今でも迷わず
鷲羽山展望台は
岡山ベスト3ですわ

特に関東の方は
太平洋の荒海を見慣れているので、
初めてみる波がない静か~な瀬戸内の海と
点在する島々の美しさに
みなさん感激されます。


今回はHさんの車で行ったので、
途中であちこちに寄りました。
(普段はバスなので
目的地へまっしぐら)


久須美大師堂は、
不動明王のお堂で「鷲羽山のお不動さん」と
呼ばれているそうです。

真言宗御室派の大宝寺が
管理しています。


image



岡山県の数ある神社仏閣の中で
バスの本数が少ないとはいえ、
目の前にバス停があるので
車のない私にはありがたいお寺です。

次のバス停が
鷲羽山展望台なので、
ここで降りて、
参詣してバス停一つ分歩くのもいいかも
(上り坂だけど^^;)


・・・・そうは言っても
今まで途中下車する勇気がなかったので
今回が初めてです(^^;)


あ、お参りにはそんなに
時間はかかりません。


半島の先端だけど
木に隠れてしまい
せっかくの瀬戸内海の景色は
お堂の右端から
ちょっとしか見えないし。



参考サイト

あぶらはっちゃく様の『中田工房新報ブログ版』
http://tokohaitonoenanoe.blog.fc2.com/blog-entry-266.html


↑このページのトップヘ