月と星と太陽

パワースポットへ癒しの一人旅の記録。 パワーストーンなど癒しグッズや本の紹介。 その他不思議系のお話もありの、時々ハジケたブログです。

長野県

信濃国一の宮、諏訪大社春宮参拝その2

前回も書きましたが、
信濃国一の宮諏訪大社は、四社です。

上社(本宮・前宮)に建御名方神様(たけみなかたのかみさま)
下社(春宮・秋宮)に建御名方神様の妃神である
八坂刀賣神様(やさかとめのかみさま)がご祭神です。
その四社を総称して諏訪大社といいます。

諏訪湖畔に鎮座しているのですが、けっこう距離が離れているので
車でないと一度に四社の参拝は厳しいです。

今回は、春宮のみに参拝です。
春宮・・・実は、2013年8月に夫と参拝していました。
ただ、下社では神様が2~7月までは春宮に、
8月~1月までは秋宮におられると書いてあるHPがあり、
あら、せっかく参拝したのにもしかしてお留守?
またいつか、2~7月の間に参拝したいな~と思っていました。

そのチャンスが巡ってきたのです!

さて、下諏訪駅から徒歩ではちょっと距離があるので、
レンタサイクルを借りました。
おかげで、時間と体力が節約できました。

まず春宮に参拝です。
やわらかい優しいエネルギーが、
私を包みました。

それから、川の中州に鎮座する浮島社に参拝。
前回も書きましたが、こちらは諏訪大社下社の末社で、
祓戸大神様(はらえどのおおかみさま)がご祭神です。

参拝して、神様のご開運をお祈りした後、
島の周りをぐるっと回って
川の流れを見つめながら
水が流れる音を聴いてしばし、ぼーっとしていました。
ああ、気持ちいいなあ・・・・・
張りつめていた心がほどけていく感じ。

その後、対岸の万治の石仏をお参りしました。

お参りの後、川の近くにベンチがあったので、
そこに座って、また川の流れを目で追いながら
大好きな水の流れる音を聴いていました・・・

そうしているうちに
二人の女神様からのメッセージが
降りてきました。

春宮の八坂刀賣神様と、
祓戸大神様のお一人である
瀬織津姫(せおりつひめ)様です。




瀬織津姫伝説 [ 山水治夫 ]
瀬織津姫伝説 [ 山水治夫 ]







 

信濃国一の宮、諏訪大社春宮参拝その1

ID:2cvjf8
今年の3月に
信濃国一の宮、諏訪大社春宮
へ参拝しました。

諏訪大社は、実は四社あります。
上社本宮、上社前宮、下社春宮、下社秋宮。
カテゴリを追加
車だと四社の参拝は可能ですが、
電車だとなかなか厳しいです。

今回は、下諏訪駅から徒歩圏内でさらに
レンタサイクルもあるので、春宮にしぼりました。

JR下諏訪駅を降りて改札を出たら
右にある下諏訪観光案内所で、
春宮とレンタサイクルの場所を確認、
地図をゲットしました。
ここで「下諏訪の七不思議」についての冊子が
目に入り、直感で購入。

事前に予備知識なく訪れた私には、それがよかったのです。
おかげで、春宮のそばを流れる川の中州にある神社の
ご祭神や詳細がわかったのですから。

そこは、諏訪大社下社の末社「浮島社」で、
祓戸大神(はらえどのおおかみ)様

祭っているのです。


下社春宮・万治の石仏周辺地図

祓戸大神様は、浄化の神様です♪
モヤモヤを抱えている私、ぜひ浄化していただきたい。

参拝したら、予想通りほとんどの人が
「浮島社」を素通りでした。

万治の石仏への単なる通り道と認識してるみたい?

私は、春宮へ参拝するなら
ぜひこの三か所(春宮・浮島社・万治の石仏)は
セットで参拝することをおすすめします。

というのも、この三か所を参拝後に、
即!このモヤモヤをなんとかしたいという
願いが叶ってしまったのですから!
(続く)















 
ギャラリー
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 豆じゃご飯(岡山市大雲寺の縁日にて)
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • 引き寄せ?手帳作りを無料で楽しむ
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • あわや電車に接触!ピクトさん
  • 歩きスマホでピンチ!のピクトさん
  • 新月のエネルギー爽やか
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー にほんブログ村 旅行ブログ パワースポット・スピリチュアルスポットへ
にほんブログ村